八丁堀のFEELから

マイワンダフルメモリー!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

マルチで遊ぶマトリックススピーカーを自作

2012年05月09日 | 日記

コンパクトでバスレフタイプの色々遊べる小型マトリックススピーカーを作りました。

ユニット

FOSTER/FF65の7cmフルレンジ。(実寸6.5cm)


エンクロージャー

MDFボード9mmで製作。

エンクロージャーとしては何の根拠も無く移動も楽なコンパクトにしたいだけの幅30cm設計。

正面左右にダクトがあります。

幅30cm 高さ8cm 奥行き25cm(エンクロージャーサイズ)


ユニットの結線(1本だけのマイナス端子、アンプに結線するのはRでもLでも良いらしいです)


スピーカー完成

いかにも手作り色のオレンジに決定(でも仕上がりは朱色?)

下地にサンディングシーラー2度塗りで磨きをかけてシルバー2度塗り、オレンジ塗装3度塗りさらにクリアー2度塗りです。

でも、底面の塗りはかなり適当。

 

アンプ取り付け

このままだとアンプのある所でしか使えないので、マルチを目指して移動用に電池で使用できるミニアンプ付けてみました。

*ミニアンプは以前購入したオンキョーエンターテイメントテクノロジーのアンプ付スピーカーキットのPPX-001アンプを使用。

電池交換とボリューム調整しやすいようにアンプの天面をスピーカーの背面にねじ止め。

*左のスピーカーターミナルのマイナス結線はコードの遊び防止で付いているだけです。中は結線されてません。

使用例/ACコードが無いのでラジカセ感覚

懐かしい携帯CDプレーヤーに接続

こんなCDプレーヤーでも音がとてもいいです。

iPadに接続

気軽にYouTube

マトリックススピーカーは市販では無いようなので、この音は作ってみないと分からないとか。

またマトリックススピーカーはアンプを選ぶらしいのですが強引に作って音を聞いた感想として、このサイズでこれだけの音がでれば個人的には十分だと思いました。今回はコンパクトがテーマで作ったのですが箱の容積を増やすともう少し音が安定するのではないかと思います。このままでもかなり低音が出ますが何かの音域が暴れてる感じです。それと少しこもった感じ。エージング効果もあると思いますが吸音材で多少は解決するかな。

全体的にはステレオ感に関してはサイズのせいか薄いですが、サラウンド感と音質は良いです。

小さなユニットとは思えない迫力のある音です。

そのうちモニターのせて映画でも見てみます。

結果としては、移動がらくな濃い目の音の楽しいスピーカーが出来ました。

真面目なアンプに繋いだらコッテリしたドスのある音がしそうです。

お世話になっている専門家の知人に批評して頂こうと思います。

おそらく、音を聞くまでもなく突っ込みどころ満載!?

評価頂いたらまた投稿します。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Phocus Mobileを使用してハッ... | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。