フィール・パージュ通信

かめぞうブログから移転してきました。
お店での日々の出来事、わんこ日記を綴っていきます。

【本】追憶

2017-05-16 16:01:49 | 読書
最近読んだ本【追憶】
青島 武〈小学館文庫〉

2006年3月、王貞治監督率いる日本代表は
第1回ワールド・ベースボール・クラシックで
世界の強豪と激戦を演じていた。
同じ頃、北海道警察本部刑事部捜査一課の四方篤は
すすきののラーメン店で野球仲間だった川端悟と
29年ぶりの再会を果たす。川崎市在住の川端は
金策のため北海道にやって来たという。
その翌々日、小樽市郊外の臨海部で川端悟の刺殺死体が
発見された。彼は死の前日、娘との電話で
「なつかしい人たちに会った」と言い残していた。
四方は容疑者として浮上した人物もまた、古い友人であることを知る。


本書は岡田准一さん主演で5月6日より公開された映画「追憶」の
原作本です。お客様にお借りして読みました。

ミステリーを想像させるエピローグで始まりましたが
謎解きや犯人探しがメインのストーリーではなく
家族の愛を描いたサスペンスタッチのヒューマンドラマです。
「忘れてしまいたい記憶」は「忘れたくない記憶」でもあるんです。
とても切ないお話しですが明るい未来が期待出来るラストが
良かったです。感動しました。お薦めです。

映画も気になりますが原作を読んでとても満足しているので
観なくてもいいかな~と思っています。(笑)

2017年の読了数・・・37冊
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 母の日 | トップ | 鶏ねぎ塩まぜそば »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
違いが気になりますね (うさちゃん)
2017-05-16 16:08:48
原作を読むと、映画との違いが気になって。岡田准一さんが出るとなるといい味を出してるかもしれませんね。
うさちゃんさんへ (フィール・パージュ)
2017-05-16 17:35:06
原作本と映画では少し内容が違うみたいですので
違いを楽しむのも良いですね。
配役は原作に合っている気がします。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。