【備 忘 録】

思いついたことを書き残す。

不覚

2017年04月29日 | ひとりごと

ちょっと横になったら時計の針が大分進んでしまった。また特に書きたいことがないと記録する。

(以降追記)
と思ったが落ち着いたらカメラのことを思い出した。Nikon(ニコン) 接眼目当て DK-19に換装した。
未だマニュアルフォーカス、つまりピントリングを指で操作し、目標を捕捉するのでカメラのEVFと目の間から光が入ると結構見づらいのだ。
なかなか具合が良い。facebookの「SONY α series Japan」というグループに登録していると有用な情報が入ってくる。

もともとミノルタが先陣を切ったAFだったが今はプロ用機材といえばニコンかキャノンだ。α7Ⅱのようないわゆるミラーレスといわれる機種は一格下に扱われるようだ。
なぜこの機種を使いたいと思ったかというと旧ミノルタのMCレンズを所有していたことにある。ミラー構造がないので撮像面とレンズの取り付け位置がMCレンズの場合43.5mmに対しEレンズでは18mmと小さく、変換アダプターで調整することで変換接続ができるのだ。これはライカのMマウントも28.8mmなので可能だ。もっとも財布が許さない。

MFのSRT101からAFのα7700iに変えた際、なんと便利なものかと思ったが、気がつくと目標を注視しなくなっていた事に気がつく。そして鉛筆で書き写していたことの意味を再認識もした。NEX6を購入するきっかけはそんなところだ。さらに撮像素子がフルサイズという35mmフィルムの大きさのα7シリーズが出てレンズ本来の機能が使えるようになったのでα7Ⅱに変えた。

一眼レフは鏡とプリズムを組み合わせてレンズ内の像を直接確認して撮すという機構だ。カメラ上部にプリズムガラスを収納する突起が出ている。ライカのレンジファインダーやローライフレックスの二眼レフなど様々な機構のカメラも一旦一眼レフに落ち着いたかに見えたがデジタル化を突き詰めればミラーも不要になっていくだろう。
OVFに比べEVFは電子的な画像であるから不自然さはあるもののMFの場合ファインダー内の像を簡単に拡大が出来、老眼には大変優しいのだ。

現在SONYはレンズ交換式の二種類のカメラを作っている。ミノルタから引き継いだαとミラーレスのEレンズだ。
ミノルタはMCレンズをあっさりやめAレンズに変えたことでプロ用の需要を失ってニコンやキャノンの後塵を拝するようになったといわれる。
規格をEレンズに一本化するにはまだ時間がいるのであろう。

熱心な一眼レフマニアにはミラーレスに対し、一種の警戒感と蔑視の眼差しがある。もちろん特定用途に於いてはまだまだまさることもあるだろう。
しかしもう中にはフィルムははいっていないのだ。LRなどで現像の自由も手に入れた現代だ。レスというネガティブな表現から一眼レフも含め「レンズ交換式スチルカメラ」というカテゴリーに収斂してしていくのではと思っている。

ライカのレンズが未だプレゼンスを放っているように像を切り取る道具である。とにかく撮ることを楽しもう。








ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
«  | トップ | ろくもん »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む