すぶんろこ!のジャパニーズドリーム 『立憲女王国・神聖・九州やまとの国』・・・仏陀再誕!日本の独立と繁栄が世界を救う!

■ 独立なくして繁栄なし! 日本国独立宣言! 植民地憲法『日本国憲法』無効宣言、痴呆自治廃止、日本軍再構築、核保有宣言

+ ハマヒルガオ・・・ 運動会批判  トランプ大統領のパリ協定脱退宣言の痛快  NHKを解体せよ!

2017年06月02日 07時57分33秒 | ◆ 日本国独立運動

 


 波音を  ハマヒルガオの  そばに聞き 

   中村 梅士 Baishi

  

 

 

 今朝の気温は20℃、4℃の季節からすれば随分と暖かく

なったものだが、朝の空気はひんやりと感じる。

 今日は学校の球技大会だが、楽しい球技から離れて3年

以上になる。

 水泳はもっと遠ざかっている。

 今はもっぱらジョグウォークと山歩きである。


 運動会は交流会の意味はあるのだろうが、全く孤立し

た非日常であって、専門競技を持たない人にはあまり楽

しい時間ではあるまい。

 学校の運動会も、徒競走は一番になる人もびりになる

人もほぼ決まっている。

 走る技術を指導することもない。

 体育の形骸化はボロボロ状態である。


 そんな運動会のついでに、散策と写真とさくらんぼを

楽しむとしよう。




 ✾ アレチマツヨイグザ?


 トランプ大統領が二酸化炭素排出規制をするパリ協定

から脱退すると宣言した。

 CO2が、地球温暖化の原因物質だと断定し、環境破壊

が致命的に進んでいるという説を前提としているわけで

あるが、まさに謀略的でっち上げというべきであろう。

 狙いは産業規制と後進国への金銭配当という社会主義

政策というべきではないか。


 過剰なCO2排出が規制されるべきだとしても、世界最

大の排出国であるチャイナはお構いなしという不公平が

まかり通っているのだから、チャイナ支援体制というべ

きであろう。

 トランプ大統領の判断を非難する前にチャイナを非難

してはいかがか。

 大統領の判断は正しいと言わざるを得ない。


 燃焼を減らす産業規制は環境左翼に騙されていると言

うべきである。

 むしろ、公害規制や緑地回復、砂漠の緑地化を進める

べきであろう。

 脱燃焼のエネルギー開発は少資源国日本にとっては先

行しなければならない課題であるが、CO2問題とは関係

がない。


 NHKは自らの不見識と不条理を恥じるべきである。

 アメリカとロシアの関係を裂き、社会主義的発想から

トランプ革命を阻止しようとするなど、マスコミ社会主

義独裁以外の何物でもあるまいよ。

 NHKは解体されるべきである。



日本国独立宣言・神聖九州やまとの国

 New Asia Happiness Party  


 

 

 

 

 

  

緊急・守護霊インタビュー 台湾新総統 蔡英文の未来戦略 プーチン 日本の政治を叱る ドゥテルテ フィリピン大統領 守護霊メッセージ

 

 

   繁栄への決断   

 

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« + 二分咲きの紫陽花・・・... | トップ | + 駕与丁のバラ園・・・ ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

◆ 日本国独立運動」カテゴリの最新記事