すぶんろこ!のジャパニーズドリーム 『立憲女王国・神聖・九州やまとの国』・・・仏陀再誕!日本の独立と繁栄が世界を救う!

■ 独立なくして繁栄なし! 日本国独立宣言! 植民地憲法『日本国憲法』無効宣言、痴呆自治廃止、日本軍再構築、核保有宣言

+ 年納め・・・ 仕事納め  除夜の鐘が騒音と言われる罰当たり  共産チャイナとの紛争に備えよ

2016年12月28日 18時37分44秒 | ◆ 日本国独立運動

   


 納めては  良いお年をと  声聞こえ 

   梅士 Baishi

 

  

 

 

 今日は官庁仕事納めの日だったとか。

 あいさつ回りの車なのか、道路は混雑していた。

 よかったですな。

 やっと、正月休みということで。


 筥崎宮では、大規模な屋台の準備が始まっていた。

 初詣客で大晦日の夜は大賑わいするのであろう。

 なんとか、除夜の鐘を聞きたいものだが。

 近所に迷惑なので、除夜の鐘は取りやめるところが

出ているそうな。


 何とも不信仰で、罰当たりであることよ。

 遠慮するべきことではないではないか。

 寺も世俗化して不信仰なのであろう。


 そういえば、雲仙の温泉寺に、新しい梵鐘が下がっ

ていた。

 かつて、除夜の鐘をラジカセで流していたので、怪訝

に思って訊ねたところ、泉気によって、すぐに金具が腐

敗してしまうので下げないことにしたのだと住職が言い

訳していたが、資金繰りの問題だったのだろう。





 来年は、アメリカによるチャイナ叩きが本格化するだ

ろう。

 共産チャイナの無法がここまで野放しにされてきたこ

と自体が異常な事だった。

 共産チャイナが如何に恫喝しようとも、トランプ大統

領にとっては、heでもあるまい。

 日米による経済制裁で困るのは共産チャイナである。

 

 チャイナに進出している企業は早々に撤退すること

だ。

 撤退しないなら、根こそぎ収奪されても、自己責任で

ある。

 敵国で商売をしている以上、危機管理は政府の責

任ではない。

 

 共産チャイナに入国すれば、いつ拉致されてもおか

しくはないということを覚悟することだ。

 特に、日本は無防備の国であるうえに、恫喝すれば

金を出し、何も報復できない国の国民であるから、日本

人は最も標的にされやすい。


 政府は遺憾であるとは言ってくれるだろうが、救助は

できない。

 丙申の2016年は、動乱の時代の幕開けを予告する

年だったと言えるのではないか。

 共産チャイナとの本格的な紛争が始まる。

 

 東京オリンピックまでには、共産チャイナを分裂させ

たいものである。

 小池内閣誕生となれば、日本にも本格的な独立運

が起こるかもしれない。

 ケマル・アタテュルクであるならば、そうすると思うの

だが・・・。

 

 

日本独立宣言・神聖九州やまとの国

  幸福実現党応援隊・中村梅士党  

          

 

 

 

 

  

緊急・守護霊インタビュー 台湾新総統 蔡英文の未来戦略 プーチン 日本の政治を叱る ドゥテルテ フィリピン大統領 守護霊メッセージ

 

 

    原爆投下は人類への罪か?  

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« + 丙申残4日・・・ 炎の... | トップ | + 第九・・・ 丙申から丁... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む