すぶんろこ!のジャパニーズドリーム 『立憲女王国・神聖・九州やまとの国』・・・仏陀再誕!日本の独立と繁栄が世界を救う!

■ 独立なくして繁栄なし! 日本国独立宣言! 植民地憲法『日本国憲法』無効宣言、痴呆自治廃止、日本軍再構築、核保有宣言

+ アヤメ紫・・・ スポーツとは何か  スポーツ教育論の新展開

2017年05月14日 19時19分22秒 | ◆ 日本国独立運動


 紫の  アヤメに染めし  雨晴れて   

   中村 梅士 Baishi

  

 

 

 今が一番過ごしやすい20℃前後の清々しい初夏の日和

である。

 日曜日となれば爽やかな風に誘われるのであるが、未

熟ゆえに家にこもった。

 さして、読書も思索も進まないと言うのに。


 為末大の「負けを活かす技術」を読んでいるが、単に

常勝思考というだけではなく、アスリートに対する尊敬

と専門家としての社会的地位がないところに、引退後の

逡巡があるのではないかとも思える。

 

 スポーツ学を講じるようになって、スポーツ文化につ

いて考えることが多くなった。

 スポーツの定義は多様だが、「スポーツとは、自分ら

しさ、人間らしさに欠かせない心身の強さを養う運動文

化である」というのが、自分の定義である。


 遊びに本質があるという体育批判や、競技性がなけれ

ばスポーツではないという論は、枝葉末節の論と言うべ

きである。

 人間の心身は社会的運動体として作られているところ

に、スポーツ文化の本源があると考えるべきなのである。


 因みに、文化とは佳き精神の表現形式である。

 スポーツ文化とはまさしく、強い精神の美しさを表現

する運動表現に他ならない。

 日々の健康運動であってもまた然りである。


 スポーツ教育は非常に重要な科目である。

 アスリートスポーツは強さの美学にチャレンジするエ

クセレントな文化である。

 健康スポーツは日常のQOLに欠かせない健習慣であ

る。


 ところが、公営ギャンブルに貶められ、風俗メディア

貶められ、医療以上に重要であろうのに健康保険は適

されず、医療関連の0.1%程度の予算しか配分されてい

いのが現状である。






 強い国民が養われずして、尊敬されるべき強い国家に

はなれないであろう。

 ところが、文武両道教育の理念からスポーツ教育の理

念が脱輪して久しい。

 独立国家としての強さを求めるべきである。


 教育において、スポーツで鍛錬されていない者が教員

として採用されるべきではない。

 特に運動神経の発育発達段階にある小学校教員は、ス

ポーツマンでなければならないであろう。

 スポーツ能力は、教員採用の条件であるべきである。


 また、スポーツで鍛錬されていない者が、企業で活躍

することは難しいであろう。

 体力、気力、行動力、道徳力は、座学では養われない

徳目だからである。

 スポーツによる鍛錬は、大学教育にも欠かせない柱で

ろう。


 知育無くして体育なし、体育無くして知育なし。

 多様なスポーツ教育が、子どもたちの豊かな心と優れ

た知力を育てるのだ。

 健全な競争文化を育てるのである。


 アスリートもまた、教育者として通用する教養と思想

を身に着けるべきである。


日本独立宣言・神聖九州やまとの国

 New Asia Happiness Party


 

 

 


 

  

緊急・守護霊インタビュー 台湾新総統 蔡英文の未来戦略 プーチン 日本の政治を叱る ドゥテルテ フィリピン大統領 守護霊メッセージ

 

 

   繁栄への決断   

 

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
オリンピック
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« + 花魂・・・ ブータン人... | トップ | + 皐月の朝・・・ 幸福の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む