すぶんろこ!のジャパニーズドリーム 『立憲女王国・神聖・九州やまとの国』・・・仏陀再誕!日本の独立と繁栄が世界を救う!

■ 独立なくして繁栄なし! 日本国独立宣言! 植民地憲法『日本国憲法』無効宣言、痴呆自治廃止、日本軍再構築、核保有宣言

+ 立夏・・・ 『伝道の法』の神意とは  心が分らない現代人の虚ろ

2017年05月05日 20時21分15秒 | ◆ 日本国独立運動

  


 立夏かな  蛙のような  小雨降り 

   中村 梅士 Baishi

  

 

 

 今日は立夏なのだった。

 蛙が鳴き始める頃合いだと言うが、川では蛙が鳴き始

めていた。

 近所に蛙はいないが、蛙のような雨が降り始めた。

 ツバメやトンボも飛び始めた。


 宇美川下流域で、つがいのカワセミを見かけた。

 人家が多く、塩水の入る河口近い場所である。

 カワセミを見かけたのは二年ぶりだろうか。

 残桜は今日も一隅を照らしていた。

 ジョギングの途中にも季節の発見がある。

 初夏のうれしい気分がある。






 「おたる」という国産の赤ワインを買った。

 千円程度の安物であるが、懐かしい味がした。

 葡萄に砂糖を入れて作る、自家製ワインの遠い記憶で

ある。

 そういえば、死んだ爺さんが、密造酒の偉業を現場で

自慢したことがあった。

 夏休みだった、子どもの頃のことである。

 内緒だぞと言って、満面の笑みであった。




 

 

 今日は映画『MIA』を見た。

 人口知能をもったサイボーグが自らの意思と感情をも

って、天才科学者を殺し、ラボを脱出して念願の都会に

巣立つというストーリーである。

 心は人工知能でも作られるという科学万能主義が前提

になるのだろうが、そこに間違いがある。


 宇宙人として有名なグレイは、魂の入ったサイボー

だという。

 生物的なボディーは工場で作られるが、魂は人工的に

創られたものではない。


 『伝道の法』を読んだ。

 霊的真実を伝えるべき使命と、科学の発達にも関わら

ず、唯脳論的に退化した現代人に理解させることの難し

さが説かれている。


 人類の多くは、幸福の科学でエル・カンターレが説か

れる真理を理解できないらしい。

 自分の周りの「偉い人」の魂も、石ころのように感じ

られるほどに下等な人類である。

 現代人類の虚ろというか、ある意味不思議である。


 慈悲の大切さが述べられていた。

 慈悲・・・、幸福の科学の説く真理には、たしかに、

現代的危機を救う力がある。

 いや、むしろ、そのために最大の救世主が降臨した。

 キリスト教とイスラムの対立、危険なチャイナやコリ

アへの危機管理と正義の教え、唯物論科学の壁を超える

思想など・・・。


 営業のような努力が慈悲なのか・・・。

 対話による解決には限界がある。

 天変地異は、時間切れの印である。

 北朝鮮の横暴も、時間切れである。

 トランプ大統領がチャイナの協力を期待しているとし

たら、大きな過ちである。

 トランプ大統領も、その底地からが試されている。


 日本には、ミサイル注射が必要であろう。

 北朝鮮の存在意義といえるのかもしれない。

 緊急放送用のラジオを注文した。

 間に合わないかもしれないが・・・。 


日本独立宣言・神聖九州やまとの国

 New Asia Happiness Party  

          

 

 

 

 

  

緊急・守護霊インタビュー 台湾新総統 蔡英文の未来戦略 プーチン 日本の政治を叱る ドゥテルテ フィリピン大統領 守護霊メッセージ

 

 

   繁栄への決断   

 

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« + 屋根の上の雲・・・ 神... | トップ | + 五月六日の桜・・・ 空... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

◆ 日本国独立運動」カテゴリの最新記事