すぶんろこ!のジャパニーズドリーム 『立憲女王国・神聖・九州やまとの国』・・・仏陀再誕!日本の独立と繁栄が世界を救う!

■ 独立なくして繁栄なし! 日本国独立宣言! 植民地憲法『日本国憲法』無効宣言、痴呆自治廃止、日本軍再構築、核保有宣言

+ 川鵜・・・ 山県有朋の国防論  戦わない植民国家日本  皇室の終焉とユダヤ的日本の亡国

2017年06月18日 18時40分15秒 | ◆ 日本国独立運動

 

 ダイバーの  川鵜に浅き  雨不足 

   中村 梅士 Baishi

  

 

 

 梅雨入りしたが、晴天が続いている。

 雨不足の川は瀬が浅く、鳥にも魚にも直射日光がきつ

そうだ。

 暴れ次郎で名高い筑後川の上流日田川では鵜飼の漁が

観光名物である。

 屋形船を出して、酒と料理を楽しみながら、松明に照

らされた鵜の素潜り漁を見て楽しむのである。

 

 そんな鵜匠の縄にかからない自由な川鵜が、水嵩の上

がらない川中で甲羅干しをしていた。

 まるで河童のようでもある。

 鮎や山女などの上物がいない川だが、気ままに漁を楽

しんでいるのだろう。


 それにしても、ちと水嵩が欲しい所ではある。

 今日は日曜日だが、川も山も暑そうだった。

 引きこもりの日曜日になってしまった。





 

 朝飯前の読書は、『山県有朋の国防論』だった。

 軍神の最高峰にいる重鎮が降臨し、霊インタヴューに

応じたものである。


 こうした奇跡の霊言をリアルタイムで聞いたり、読ん

りできるのだから、ありがたいことであるが、その責

もまた重いものがあるだろう。

 読んで満足では済まないことである。


 かといって、具体的にどういう行動を起こせばよいの

かと思う。

 報道されることもないデモ行進を展開することか。

 NHKや国会を包囲して抗議の座り込みをすることか。

 もう一度、だれかが尖閣諸島に強行上陸して、監視基

地を作ることか。


 マスコミを崩さなければならないが、企業がそれを支

持してスポーンサーになっているのだから、国民的支持

を受けているということだろう。

 つまりは、日本はもう、終わっていると言うことであ

る。


 お偉い財界人も、大学人も、ジャーナリストも、皆、

事を起こさないことが大事だと確信している。

 つまり凡庸なのである。

 日本が占領されても変わらないだろう。

 戦わざる奴隷ほど恥ずべきものはない。




 


 神国日本ではあったが、今は神々が高天原の拠点を失

かけていると言う。

 ムーの直系ともいうべき諸軍神がこの国を作り、この

国を護ってきた。

 しかし、大東亜戦争の敗戦と、天皇の人間宣言によっ

て、皇室が権威を失い、信仰心は地に落ち、皇族も特別

公務員の身分に安住しているようにみえる。


 現天皇の生前退位によって、皇太子が皇位継承する運

びのようだが、もはや宗教的権威を失っている。

 神国日本の象徴ではなくなっていると言うことである。

 国民的敬意の根拠は、神国日本の現人神としての権威

であった。


 総裁は、天皇の人間宣言にも関わらず、天皇は日本神

道の最高神官のお立場であると助け舟を出したのだった。

 ところが、ポピュリズム的各地訪問が仕事だと錯覚し

ている。

 やはり、壇ノ浦に沈んだ安徳天皇同様、皇統が途絶え

るか、別系統に転ずるかということになろう。

 皇統の意義を取り戻さない限り、皇室継続の意味はな

い。


 結局、高天原の存在根拠は、神道の根源神が集まった

幸福の科学が継ぐことになるだろう。

 皇統は制度ではなく、霊的に継承されるということで

ある。

 もう一度、幸福の科学に降臨した天之御中主神、天照

大神、神武天皇、日本武尊から再興されるのであろう。


 幸福の科学を受け入れることだ。

 そうでなければ、もはや皇室存続の力は失われること

になろう。

 山県有朋の防衛論に含まれる、示唆であった。


 これで、皇室問題の本質が明らかになったと思う。

 幸福の科学がマスコミや政治から封殺され続けるなら

ば、もはや日本防衛の意味もなないということである。

 

 結果、かつてローマの植民地に堕していたイスラエル

のように、救世主を葬って歴史に恥辱を残したがキリス

ト教が人類の指導原理となったように、日本もまた歴史

に恥辱を残して滅びるが、幸福の科学が人類統合の教え

として、人類を導くことになるのであろう。


 今でも日本人はナチスに丸裸にされたユダヤ人のよう

になると警告されている。

 そして、「平和」のうちにガス室に送られるのである。

 実に愚かである。


 「それはあなたの考えであって・・・」

 日本の常識は、世界の嘲笑と軽蔑である。

 神を阻害する者は、滅びに至るであろう。

 


日本国独立宣言・神聖九州やまとの国

 New Asia Happiness Party  


 

 

 

 

 

  

緊急・守護霊インタビュー 台湾新総統 蔡英文の未来戦略 プーチン 日本の政治を叱る ドゥテルテ フィリピン大統領 守護霊メッセージ

 

 

   繁栄への決断   

 

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« + 水くれろ・・・ 田植え... | トップ | + 早朝ランニング・・・ ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む