すぶんろこ!のジャパニーズドリーム 『立憲女王国・神聖・九州やまとの国』・・・仏陀再誕!日本の独立と繁栄が世界を救う!

■ 独立なくして繁栄なし! 日本国独立宣言! 植民地憲法『日本国憲法』無効宣言、痴呆自治廃止、日本軍再構築、核保有宣言

+ あじさい閉園・・・ 法科大学院の閉鎖あいつぐ  法曹の反日左翼  司法試験委員から大学教員を排除せよ

2017年06月30日 18時15分29秒 | ◆ 日本国独立運動

 


 あじさいの  見ごろを過ぎて  庭を閉じ 

   中村 梅士 Baishi

  

 

 

 筥崎宮のあじさい苑は今日が最後だった。

 最後を見たかったが、庭の外から眺めて終わった。

 また来年まで、苑は閉じたままになる。


 今朝は8時過ぎから定例コースを走った。

 ところが、あまりの暑さにジョグウォークになった。

 水を浴びようと神社に立ち寄り、頭から清い水を被っ

た。

 

 道端に白いキノコが生え、蛙がいた。

 クマゼミも発見した。

 いよいよ梅雨も暑くなってきた。

 日中は32℃を越えていたのではないか。

 うちのゼロ戦も回りっぱなしである。


 そういえば、明日から山笠かあ~。

 早朝から飾り山を流すとしよう。




 

 

 法科大学院の閉鎖が相次いでいる。

 福岡では久留米大学が募集を止めている。

 東京でも、青学、立教が募集を止めると言う。

 合格者数が減っているとはいえ、1500人以上が合格し

ている。


 弁護士では食えなくなってきたとも聞く。

 かつてのような希少価値のあるエリート職業ではなく

なっている。

 左翼弁護士ばかりが増えているのでは弊害の方が大き

い。

 制度改革が必要である。


 司法試験委員を大学教員から選ぶべきではない。

 裁判所職員試験の法曹職としてやればよいのだ。

 受験資格にスポーツキャリアと英語能力テストを設定

し、受験年齢は25歳までにすればよい。

 合格は裁判所職員合格も含めてやるとよいのだ。


 裁判官採用試験は常識と愛国心が必要だから、別の採

用制度を工夫するとよい。

 日本の法曹は、左翼思想に傾きすぎている点は改善す

べき点である。

 特に、裁判官の左翼傾向の強さは弊害が大きい。

 罷免制度を実用化すべきなのだ。

 

 こうした法曹の左翼傾向は憲法に原因がある。

 憲法が反日なのだから、憲法学者は必然、反日左翼に

なる。

 憲法無効宣言は日本の司法の正常化のためにも必要な

のである。


日本国独立宣言・神聖九州やまとの国

 New Asia Happiness Party  


 

 

 

 

 

  

緊急・守護霊インタビュー 台湾新総統 蔡英文の未来戦略 プーチン 日本の政治を叱る ドゥテルテ フィリピン大統領 守護霊メッセージ

 

 

   繁栄への決断   

 

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« + 梅雨バケツ・・・ 北朝... | トップ | + 梅雨なおしのシャワー・... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

◆ 日本国独立運動」カテゴリの最新記事