すぶんろこ!のジャパニーズドリーム 『立憲女王国・神聖・九州やまとの国』・・・仏陀再誕!日本の独立と繁栄が世界を救う!

■ 独立なくして繁栄なし! 日本国独立宣言! 植民地憲法『日本国憲法』無効宣言、痴呆自治廃止、日本軍再構築、核保有宣言

+ 旬のナマコ・・・ 清水冨美加の出家  幸福の科学の千手観音力  芸能界を浄化しよう

2017年02月24日 18時52分45秒 | ◆ 日本国独立運動

   


 魚屋の  旬のナマコに  手を伸ばし

   梅士 Baishi

 

  

 

 

 

 日本酒を取り寄せた。

 スーパーで買うよりも多品種でずっと安く、新しい。

 蔵出しだからだろう。

 ナマコは冬場が旬である。

 今日はこれで一杯というのが楽しみである。





 幸福の科学の霊言シリーズには、芸能界の取材が多い。

 映画やアニメを制作しているから関心が高いのだろう。

 宗教に音楽や映画などは欠かせない表現である。

 あまり芸能界に感心がない自分としてはまさに異文化

である。

 清水冨美加の芸能活動についても全く知らなかった。

 

 しかし、リバティーwebにも頻繁に報道されると、何

事だろうと気になる。

 結局、一月に収録された守護霊インタビュー『清水富

美加の可能性』と、幸福の科学への「出家」に至った告

白本『全部いちゃうね』を読ませていただいた。

 レプロという芸能プロダクションの異常性は今後明ら

かにされてゆくだろうが、芸能界そのものの異常性も問

題視されるだろう。


 若い芸能希望者がプロダクションと個人契約を結ぶの

は危険である。

 個人業者との請負契約のような形態であっても、実質

的には個人の労務契約としての保護が必要である。

 それにしても、おそろしい世界である。


 清水冨美加さんはベガ星人系列の使命をもった魂とし

て、幸福の科学に縁があり、かつ大川隆法総裁の救済が

あったことでギリギリのところで救われたが、信仰者と

しては、嬉しいことであった。





 それにしても、幸福の科学の信仰形態はほんとうに自

由で、おおらかであることよと思う。

 クリスチャン時代は、神社に参拝することもしてはな

らないと指導されていた。

 創価学会もそうらしい。


 幸福の科学会員でありながら、組織に距離をおいても、

神社に安らいでいても、信仰に矛盾するところがない。

 エル・カンターレの下に、世界宗教が統合され、融合

されているからである。

 一神教はもはや過去のものとならなければならない。

 そうでなければ、宗教対立は収まらないからである。


 清水冨美加の「出家」は、千手観音としての救済の契

機となるであろう。

 「いやらしいカメラマンやオジサンの風俗にしないで

くれる。」

 気持ち悪くて汚らしい芸能界も浄化されますように!

 

 

日本独立宣言・神聖九州やまとの国

  New Asia Happiness・中村梅士党  

          

 

 

 

 



  

緊急・守護霊インタビュー 台湾新総統 蔡英文の未来戦略 プーチン 日本の政治を叱る ドゥテルテ フィリピン大統領 守護霊メッセージ

 

 

女優・清水富美加の可能性  全部、言っちゃうね。     

 

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« + 春風の空・・・ 早春の... | トップ | + 鴨の川・・・ 旧暦正月... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

◆ 日本国独立運動」カテゴリの最新記事