すぶんろこ!のジャパニーズドリーム 『立憲女王国・神聖・九州やまとの国』・・・仏陀再誕!日本の独立と繁栄が世界を救う!

■ 独立なくして繁栄なし! 日本国独立宣言! 植民地憲法『日本国憲法』無効宣言、痴呆自治廃止、日本軍再構築、核保有宣言

+ 猛暑との戦い・・・ 大相撲千秋楽  力士の大敵は怪我である  モンゴルの横綱に支えられる大相撲の魅力

2017年07月23日 19時58分29秒 | ◆ 日本国独立運動

 


 扇風機  唸りを上げし  夏の陣 

   中村 梅士 Baishi

  

 

 

 今日は気温34℃との戦いだった。

 ゼロ扇に加えて予備扇風機も投入しての塹壕戦である。

 今日はなんとか死守できたのではないか。

 日田の祇園祭のことなどすっかり忘れていた。

 いや、観光という余裕がないのである。

 明日も戦う。






 夕方、大相撲千秋楽が気になった。

 ブルガリアの巨人蒼山といえば、全く勝てない力士と

思っていたが、何と、13勝2敗で最後まで優勝に絡ん

でいたから驚いた。 

 期待の大関高安はなんとか9勝目。

 膝や首に痛みがあるのだから、これも万全ではない。


 しかし、贔屓の力士は特にはいない。

 強くなければ贔屓にはならない。

 モンゴルの力士が流暢に日本語を使いこなしてくれた

ら上等である。

 モンゴルの力士は強い。

 柔軟で筋力も気力も強い。

 大相撲はモンゴルに支えられている。

 

 最後の大一番はモンゴルの横綱同士の戦いで手に汗握

る大一番だった。

 しかし、がっぷりよつでは、日馬富士に勝ち目はなか

った。

 万全の体調ではなかったのだろう。

 しかし、さすがに横綱と言うのは貫録がある。


 強さの秘訣は、やはり、怪我をしないことだ。

 さすがの白鵬も、怪我をすると勝てなくなるのだから。

 アスリートの世界も同様だ。

 けがをしない程度にトレーニングとメンタルのバラン

スをとることが勝負どころである。


 テープやサポーターでぐるぐる巻きの力士の姿は、ロ

コモティブシンドロームの世界である。

 稽古は大事だが、やり過ぎているように思う。

 故障のない横綱大関であってほしいものである。



日本国独立宣言・神聖九州やまとの国

 New Asia Happiness Party  



 

 

 

 

  

緊急・守護霊インタビュー 台湾新総統 蔡英文の未来戦略 プーチン 日本の政治を叱る ドゥテルテ フィリピン大統領 守護霊メッセージ

 

 

   繁栄への決断   

 

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« + この世の蝉しぐれ・・・... | トップ | + かんかん照り・・・ 沖... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

◆ 日本国独立運動」カテゴリの最新記事