fdrsaw

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

日産自動車、夕暮れ時の交通事故防止アクション「おもいやりライト」、21日?あかりの日に一斉ヘッドライト点灯を呼びかけ -- 前日20日夜には決起集会も

2017-06-20 07:43:59 | 日記





横浜市を中心に夕暮れ時の交通事故防止のためのヘッドライト早期点灯をドライバーに促す取り組み「横浜おもいやりライト大作戦」を展開している日産自動車は、10月21日の「あかりの日」を前に20日19時から「横浜 みなとみらい 象の鼻テラス」において、"イエロードリンクス横浜"と題した市民会議を開催する。

日産自動車が展開している「横浜おもいやりライト大作戦」


1日のうちで交通事故発生件数が最も多くなる時間帯は薄暗くなる夕暮れ時であり、ドライバーがヘッドライトを早期点灯することで、歩行者や自転車に乗る人に車両の接近を早く認知してもらうことが可能となり、交通事故の低減につながる。

「横浜おもいやりライト大作戦」は、こうした考えの基に2011年に実施された第39回(秋)ハローセーフティキャンペーンから開始されたドライバーにヘッドライトの早期点灯を促す活動で、2011年は横浜市に活動の焦点を絞り市民会議を開催するなど、日産自動車と市民が一丸となって横浜市の交通事故件数の低減に努めているという。

過去開催された市民会議の模様


20日に開催される市民会儀"イエロードリンクス横浜"は、"めざそう早期点灯100万台"をスローガンに、「あかりの日」における「おもいやりライト」早期点灯の呼びかけの輪の拡大を目指すというもの。この取り組みに賛同を表明しているサプライヤー企業、自治体や各種団体も招き、横浜における「おもいやりライト早期点灯」の定着、その先の全国的な広がりを見据えた決起集会としたいとしている。

参加対象者は横浜に居住または勤務している18歳以上の方。18歳未満の方は保護者の付き添いが必要。ドレスコードとして、何か黄色いものを身につけて来場してもらうよう呼びかけている。問合せ、事前の申込は市民会議の事務局( jimukyoku@omoiyari-light.com )まで。

また、「あかりの日」である10月21日(金)には横浜みなとみらい地区において日没(17時頃)前の30分間に、これまで市民会議に参加した横浜市民と日産が一丸となってドライバーにヘッドライトの早期点灯を呼びかける活動を行うという。黄色いものを身に着けて歩道において「早期点灯呼びかけパネル」を掲げることで、ドライバーへのヘッドライト早期点灯を呼びかけることを予定している。

「横浜おもいやりライト大作戦」は今後も、ウェブサイトや Facebook ページを通じて、広く薄暮時のヘッドライトの早期点灯を呼びかけていく。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 主将ラーム、ドイツの「心臓... | トップ | 買収撤回から2カ月、新生ワ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。