寺澤版初日カバー封筒のご案内

写真家寺澤秀治が撮影した写真を使った「初日カバー」用封筒のご紹介です。

8/18 「和の文様シリーズ 第3集」

2017-07-11 15:41:41 | |和の文様シリーズ

シリーズ切手です。さぁ問題。この10枚の切手のうち、何枚が「文様」として成立しているでしょうか…?文様とは繰り返しの美学。「文様シリーズ」と言い切っているのですから、親が子に、もしくは孫に「これが文様だよ」と見せるときのサンプルになるように、基本フォーマットだけは守っていただきたい。なぜなら記念切手を発行すね意義のひとつに「切手は小さな美術館」であるという大いなる自負があるハズだからです。文様と言い切って、新しい文様のフォーマット(繰り返しを否定する)を押しつける行為は自己否定です。これだけは断固譲れません。こんな体たらくでは、切手趣味をやめようかと思います。今回は1枚は正解。2〜3枚ほど「まぁ…言えなくもない。けど本来の趣旨ではないだろう」という切手が含まれているので、かろうじてやめませんが。額面62,82円、各1シート5種10枚、計10種20枚のシール切手です。でも、正直グリーティング切手以上に買いたくないなぁ。貼って使うのだけで無知をさらけだすみたいで恥ずかしい。

ところでいつから8月にこんなに発売日が増えたんでしたっけ?

 カシエは「これぞ文様」とスッキリする文様を充てました。「勝ち虫(とんぼ)」と「浜千鳥」です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 8/9 グリーティング切手 「フ... | トップ | 8/23 秋のグリーティング »

コメントを投稿

|和の文様シリーズ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。