貧乏アルバイト生活中

お金が欲しいよー

春季カタル が怖い病気の理由

2017-07-11 09:00:03 | 日記
腎不全、ガン、FIPなどはとてもたくさんのトピックができていますよ。
嬉しいとき、悲しいとき、いつもそばに持病がいてくれた。・むしゃくしゃしてやった。持病ならだれでもよかった。
その後定期検診を続け、2年後の今、また同じ状態になりました。
このコミュのトップページの画像は新潟大学教授安保徹氏の「病気は自分で治す(新潮社)」ですが、安保氏によると「癌は肩凝りのようなもの」なのだそうです。私もそう思います。
などなど、熱があるのに(病気になっているのに)自分自身全く気がつかない鈍感な人。
ここには、肝臓疾患の子供を持つママが集まって、経験談等を載せています。ぜひ、ご一読をしてください。
ハンデがあっても明るく楽しく生活をしているお話ししましょ。
よく遊びなんだから、簡単にやめられるだろうとか病気なんて甘えたこというなという人がいますが、WHOでも、癌とおなじ病気と認められています。
[PR]   
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 逆行性過形成ポリープ と複... | トップ | 血行再建術後症候群 になる... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。