WHAT'S NEW >>

A part of COSMO LEAGUE team "FC NIPPON Singapore"

Windmill Cup 2017

2017-08-14 00:22:45 | Game Report

皆様、こんばんは。

 

今週もタクヤの執筆となります。

今回は、最後の最後に重大なお知らせがあります。普段、長過ぎと途中で読むのを止めてします読者も、どうぞ最後まで席を立たずに、お付き合い下さい。

また、途中すっ飛ばして、最後だけ読むという、推理小説の犯人を最初から突き止めようとするようなことも、ご遠慮ください。

というか、既に知っているからいいやというものも、如何なものでしょう。

 

前置きが長くなりましたが、今週は、そう、前回お伝えした通り、フットボール会の4大大会に数えられる伝統あるカップ戦、Windmill Cup の開催でした。

(※世界4大大会『ワールドカップ』『クラブワールドカップ』『スイスカップ』『ウィンドミルカップ』)

 

先週は、決勝戦で、まさかのキャプテンの心意気により、優勝を逃したFC Nippon。

今週は、スイスカップファイナリストとして臨みます。

 

まず、ウィンドミルカップの特別ルールのおさらい

・7人制

・17分一本

・交代自由

・オフサイドなし

・イエローカードをもらうと、10分間又は、失点するまで退場。

・点が入った上でのドローは勝ち点2

・スコアレスドローは、勝ち点1

・1試合3点とると、追加勝ち点1

・1試合3点差つけると、追加勝ち点1

・ビールバウチャーは、1チーム30枚、追加ビールは、$8/杯で購入可

・Open参加チーム数: 14 を2つのリーグに分けて、上位2チームが決勝トーナメント

 

気になるFC Nipponと同じリーグは、この7チーム

-       TGA Rangers

-       Raffles Rangers

-       Gaelic Lions

-       FC Nippon

-       Hotspurs FC

-       1 TM Latini

-       Hibernians FC

-        

 

というわけで、大会開始。

 

予選1戦目: VS Gaelic Lions

なんとカネの1トップを試す。短い時間ながら、少なくとも、1対1の場面を2回はあったが、カネ、カッキーも決められず、終了間際、ダイクのファールで得たFKをGaelicすぐにショートパスから、マークが甘かったところで、フリーでシュートされて失点。そして、試合終了、0-1で敗戦。幸先悪い。

 

 

 

予選2戦目: VS Hotspurs FC

もう負けられないFC Nippon。さっそくナカタが口火を切る。先週のスイスカップOG戦よろしく、ハーフウェーラインよりも手前からロングシュートを放つ。GK前で落ちた?GK

触れず何と先制。シュート打てば何かが起こる見本。

ダイクの左CKは、手前に立っていた相手に当たるも、そのボールの落下点にいたのは、やっぱりナカタ。まさかのダイレクトボレー。強烈なドライブのかかったボールは、GK動けず、ゴールに突き刺さる こんなミニゴールで、ありえないゴラッソ たぶん、大会ベストゴール賞とかあったら受賞してるはず

早々に、2点連取し、圧倒的に楽になったFC Nippon、怒涛の攻めが続く。

カウンターから、カッキードリブル→左ダイク→中央右スジオとつなぎ追加点

カバさんが、前線のスジオへピシャリとクサビを通し、スジオがターンしてそのままゴール。

まだまだ止まらない。左ナカタから、センタリングを中央でダイクが併せてゴール

最後に、カッキーが1対1を右上に、華麗に打ち抜き、追加点

結局 6-0 で勝利。

(※特別ルールにより、これだけで勝点 7獲得 = 勝利点 + 3得点x2 + 3点差x2 )

 

 

予選3戦目: VS Raffles Rangers

本家じゃない方のRangers、なかなか攻め崩せず、焦り始めたところ、ナマさんがロングシュート。手前の相手にあたり、リフレクションを再度、ナマさんロングシュート。ボールは敵の左手にぶつかったのが幸いしたのか、軌道が若干かわり、ゴールの中に。

これが決勝点となり、1 – 0 で勝利。

 

ここから天気が崩れ、大雨に。。。。止む気配なし、寒い。これではビールもすすまない。

 

予選4戦目: VS 1 TM Latini

ピッチは、もうプールと化した為、ボールは水たまりに引っかかる。ドリブルも進まない。お互い、もう、ロングボールを放り込むしかない展開で、見せ場も無く終了、 0 - 0。

ボール回せないと苦しい。

 

ケイマールがやっと登場

 

予選5戦目: Hibernians FC

止まない雨の中の連戦。

ハセさん、ナイスあがりから相手ゴール前ボールを受けるも、倒される。PKかと思いきや。なぜか、ハセさんのファールに。ケイマールが、ドリブルでつっかけては、相手ではなく水たまりに止められる。もうサッカーにならない、そんな中、カッキーを、相手が後ろからつかみ持ち上げるという暴挙にでる。いつのまにか、競技は、サッカーから相撲になったのだろうか?、持ち上げてヒョイッとカッキーをどかす。当然ながら、ファールでしょ?とグランドにいた敵味方全員が思っただろうところ、驚愕のノーホイッスル 

やるせないなか、事故発生。ゴール前にめがけてのロングボールを蹴ってきたHIBS。ここで、楽々キャッチのはずが、まさかの捕球失敗。すぐ再捕球するも。詰めてきたHIBSに強引に蹴られボールがこぼれる。こぼれ球を取られ、結局決められて失点。申し訳ございません これが決勝点となり、敗戦  0 – 1。

 

 

予選6戦目: VS TGA Rangers

この大会でも強さを見せてきたRangers。決勝トーナメントに行くには、勝つしか無いFC Nippon。幸い、天気もピッチ状態も回復。

早速、遅れてきた男ケイマールが、ドリブルもできる状態になり違いをみせはじめる。仕事をやってのける。試合まだ序盤、ゴール前、冷静に右上にシュートを決める。

ここから、レンジャーズも猛攻を見せ始めるも、カバ、ナマ、ナカタ、タクが最後はヤレせずに耐える。そして、終了近くなってきた中、ケイマールが右から抜け、中央のスジヲがあわせて追加点。試合を決定づける。

このまま逃げ切り試合終了、レンジャーズに土をつけることに成功 2 – 0 

 (膝を怪我していたRangersのエースのMike、脇で一人ストイックに練習してました。あと2ヶ月で完治するらしいです。すっごい上半身してました。編集局情報)

 

 

せっかく、レンジャーズに勝ったものの、

勝ち点で、Lionsに並ぶも、得失点差により惜しくも、予選3位ということで、決勝トーナメント進出ならず、残念ながら、5位決定戦へ回ることに

 

 

5位決定戦予選: Vikings FC

先週のスイスカップで唯一負けた相手ということで、さっそくリベンジのチャンス。

ただ、もう優勝がなくなってしまったため、若干ゆるい始まり。そんな中、カバさんが、転がってきたボールを抑えの効いたミドルシュートを放つ、コースも良かったものの、GKにパンチングされる。どよめくベンチ。ガッツポーズのカバさん  得点にはなってないが。

相手右スローインから、奥で浮いていたFWにボールが渡り、そのままフリーからズドンとやられる。甘かったですね。

その後、相手が前線にフィードしたボールをクリアに行ったところ、クリアに行く前から嫌な予感がしていたけど、やっぱりタトゥーの14番、まったく予想通りに正面からど突かれる。ボールクリア直後、息できず悶絶

悶絶の間、肋いってしまったかな?と内心ヒヤヒヤしていたけど、幸い大事に至らずにすむ (やっぱり、今も痛む)

その後は、ゴールは生まれず敗戦、 0 – 1。

 

 

Windmill Cup ということで、試合後は、その場で、Heinekenで乾杯

 

 

 

ここで、スジオキャプテンから重大発表が

なんと、シンガポールラーメン業界は、すでに手中に収めた、ラーメンキングにはシンガポールは小さすぎたとのことで、今後は、東南アジアのラーメン業界の天下統一すべく、タイに打って出るとのこと。

その為、志半ばであるがチームを離れなければならないと

そこで、今後のFC Nipponの命運を任せるべき、新作ラーメンの発表ではなく、新キャプテンの任命が発表されました

 

GM、編集長、雑務、補佐、イタニ組一同ドキドキ見守る中、名前を呼ばれたのは、

 

 

ずばり、

 

 

この漢しかいない

 

新入社員時代から、上司よりも貫禄があり、上司を差し置いて、自然と上座を案內される、リーダー格のオーラを身にまとって生まれた男、

 

かばさん

 

 

 

ということで、スジヲから、カバさんへキャプテンが引き継がれました。

 

 

スジヲ政権が短命に終わってしまったことは、非常に残念ですが、今後、カバさんを中心に盛り上げていきましょう。

ひょっとして、交代、トップに『ナオタロウ』!みたいな采配もでてくるのでしょうか。

 

 

とそんなさなかに、外野からFC Nipponを探す声が。

なんと、まだPK戦が待っていたらしい。(多分7位決定の為?)

 

全員、スパイクもユニも脱ぎ、ビールを飲んでいた中、もう危険なので棄権でいいと声があがるなか、なぜかナカタは、ここでも立ち上がる

結局、裸足のまま、PK戦へ。(相手はどこだ?)

 

裸足のままでも、確か、ナマさんが転びながら決め、ナカタ決め、タクヤ決め、

先週の汚名返上とばかりに、旧キャプテンスジオが、期待に答え、きっちり左ポストに当てて外す

サドンデスに入り、イタニさん決め、新キャプテンカバさんが決め、

ここで満を持して、GMの登場。周囲の予想を裏切らない正直さで、きっちりとGKに止められPK戦も終了

しっかりと、スジ、仲さんの役者たちが外すところをもっていってくれました

 

 

開幕まであと2週間。

カバキャプテンの元、しっかりと準備しましょう

 

 

追伸: 

大会後は、一風堂にて反省会。

今なら、限定つけ麺、絶賛販売中です

 

追追伸:

オランダ、リーグ戦に参加しないのに、よくもこんな大掛かりなイベントをOrganizeできますね。素晴らしい組織力に感服

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Swiss Cup 2017  | トップ | Cosmo League2017-2018シーズ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Game Report」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL