FCG_Blog (TAM & eMate customize)
twentieth anniversary macintosh G4 & intel 制作ブログ
TAMにはFDDがある。イマドキのMacユーザーにはフロッピーが何なのかわからない人もいるというから恐ろしい。
振り返ってみれば初代iMacには既にFDDはなく、このディスクがなぜFloppyという名称なのか由来まで辿れる世代となれば
それは日本人ならPC9801やX68000世代までさかのぼるわけだから相当なオッサンだ。(自分は8インチも知ってる世代orz)

以前TAMにMacminiを仕込んだときはこの部分はUSB2.0ハブだった。
データの持ち出しにUSBメモリがあれば便利だと思ったからだが、このクラウドの御時勢USBメモリもFloppyと
同じ運命を辿るのも時間の問題かもしれない。じゃぁこのFDDスロットを埋めるイマドキなものは何だ?

そうだ、SSDだ。
ThunderboltでUSB3.0のスピードを得られるわけだからSSDがいい。
MacBook Air/Proのストレージを補うべき外部ストレージとして、なおかつ交換可能ならなおよいではないか。



というわけでAmazonで安いケース購入。749円。



届いて即切断w。

ちなみにFDDスロット部は7mmしか隙間がなく、2.5インチドライブ標準の9.5mmを挿入することはできない。
そんなわけで7mm厚限定となる。最近はノートPCも薄くなりSSDのみならずHDDも7mm厚が増えてきている。
ちょうどよいではないか。



FDD部に当ててみる。ピッタリ。



購入したケースは7mm、9.5mm兼用なので中でドライブが遊ばないようにスペーサーを入れる。
以前買ったSSDに付属していたスペーサーを利用。



スペーサーも切断して蓋側に両面テープで固定。



元のFDD固定用金属フレームに合うようにゴム板のスペーサーを貼付してフレームを装着。



う、美しい。
今回手元に500GBの7mm厚HDDしかなかったが、問題なく動作。
ただし、脱着がUSB部ではなくSATA部になるのでホットスワップは非対応。
でもリアのThubderbolt Dock用電源スイッチをON/OFFするだけで認識可能なので割と簡便に扱える。(乱暴?)

イマドキだとHDDでも7mm厚で2TBもあるのでiTunesのデータを溜め込むストレージとして、またはTimeMachine用
ドライブとして活用するのもアリだろう。もちろん高速性を活かしてSSDにするのもOK。可能性は広がった。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

« RADEON 5870 H... TAMでSiri »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。