FCG_Blog (TAM & eMate customize)
twentieth anniversary macintosh G4 & intel 制作ブログ
TAM改造に際して現在入手困難なブツというのはこれ、Griffin iMate。
既にディスコンとなり市場にも新品は出回らなくなった。GriffinによればドライバはOSXも10.3.9までしか対応していないとのこと。今後出るマシンに対応しなければ意味がないので需要も自ずと減っていくはずである。(どうやらキーボードやマウスはドライバなしで動くようだ)

現在10.5.7で稼働中の我がTAM1号機では問題なく使えている。・・・どころか、以前は使えなかったと記憶しているADBチェーン接続のトラックパッド(あのキーボードの手前にあるデタッチャブルな奴)まで使えるようになっている。便利になっているw。
TAM製作に欠かせないアイテムのひとつであるiMate。他の汎用パーツならつぶしもきくが、これだけはどうしようもない。手に入らなければ集めるしかない、と現在4個収集完了。我が家にはUSアジャスタブルキーボードやNeXTキーボードなどまだ使えるADBキーボードがいっぱいあるのだ。

これからTAM改造を考えている人は今のうちにゲットだぜ。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

« 初代Intuos TAMバラシ1 (... »
 
コメント
 
 
 
私も (pochi)
2009-06-05 03:03:34
2つ持っていますw

もう使うことは無いんじゃないかと思うんですが
たまーに「四角マウス使ってみたいな~」なんて思うと引っ張りだしてきて便利さを感じてしまったりw
シリアルポート変換機の方が使い道無くて、、、けど高かったから捨てられずにいます。
 
 
 
お気に入りの (FCG)
2009-06-05 08:37:28
キーボードのためにボクはまだ必要ですね。
シリアルポート変換は確かにあまり使い道ないです・・・。あとSCSIケーブルも・・・。昔は何でも高かった。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。