FC alegre (FC アレグリ)

川口市元郷南小を中心に活動している小学生・園児のサッカー&フットサルクラブの父兄によるブログです。

努力の天才

2016-09-18 09:39:31 | 練習の様子
今日も雨で中止。
リフレッシュも大事だけど、こんな日に何をするかで変わって行くのかな?

毎日の積み重ねが自分も周りも変える!


以下、前向きになる言葉と感動する話より

【 努力の天才!王貞治の名言 】
 
 
(1)
 
努力は必ず報われる。
 
もし報われない努力があるのならば、
 
それはまだ努力と呼べない。
 
 
 
(2)
 
自分のためにやるからこそ、
 
それがチームのためになるんであって、
 
「チームのために」
 
なんて言うやつは言い訳するからね。
 
 
 
オレは監督としても、
 
自分のためにやってる人が
 
結果的にチームのためになると思う。
 
 
 
自分のためにやる人がね、
 
一番、自分に厳しいですよ。
 
 
 
(3)
 
最高のものを求める
 
強い気持ちがないと、
 
結果は出ないものなんだよ。
 
 
 
(4)
 
練習で120%の力で振れ。
 
そうすれば試合は80%の力でいい。
 
 
 
(5)
 
勝つための最善の努力は、
 
どんな時もやめてはいけない。
 
逃げたらだめなのです。
 
 
 
(6)
 
過去にとらわれず、
 
現在をいかによくするか。
 
 
 
(7)
 
いままでの僕の記録はみんな、
 
耐えることで作られてきたんです。
 
 
 
(8)
 
いい時もあるし、
 
悪い時もあります。
 
 
自分もまた、
 
それで初心に
 
戻れたりしましたね。
 
 
 
(9)
 
ヒットを打てなくても
 
口惜しくなくなったし、
 
ホームランを打っても
 
そんなに嬉しくなくなった時、
 
限界がきたと思った。
 
 
 
(10)
 
ときには嵐のような逆風が
 
人を強くする。
 
 
 
- 王貞治 -
 
 
 
『参照本』
 
人生で本当に大切なこと
壁にぶつかっている君たちへ
 
 
 
 
今回は、世界のホームラン王、王貞治さんの名言をまとめさせていただきました。私が物心ついたときには、王さんはすでに引退されていましたので、選手としてよりも、監督のイメージのほうが強いです。
 
 
王さんは現役時代にあの一本足打法で865本ものホームランを放ったわけですが、あの打法を確立するまでには数年間毎日血の滲むような練習を重ねたんですよね。盆正月以外毎日練習したようです。
 
 
しかも、一度は一本足打法をやめる、やめないまで追い込まれるほどスランプに陥ったようでして、周囲からのアドバイス(一本足打法をやめろ...)を無視して、一本足打法をつらぬく決心をするまでには相当悩まれたようです。
 
 
私たちは、気軽に天才という言葉を使いがちですが、素質だけで何とかなるものではありません。やはり、天才と称される人は努力の天才なんですね。
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« U10リーグ | トップ | 努力の天才 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

練習の様子」カテゴリの最新記事