FC本郷ブログ

横浜市栄区で活動しているサッカークラブ FC本郷の試合結果やイベントなどの感想などを掲載しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

10/23: [LL-B]、あすなろ [1/2 節] 結果

2016年11月05日 | Weblog
■10/23(Sun) ◇[LL-B]第72回あすなろ[1/2節] @庄戸グランド
------------------------------------------------------------
◆8人制/15分Half
[1] vs西本郷→2-0
・前半→1-0(Nユウト)
・後半→1-0(ハルト)
[2] vsクライムイレブン→9-0
・前半→5-0(Nユウト×2、ユウア×2、ハルト)
・後半→4-0(Nユウト、ユウマ、ユウア、コウサク)

[総評]
・71回大会続いての連覇をめざしたあすなろ大会初日、会場は新設の庄戸グランドで行いました。ホームの優位を活かした広いピッチでボールを大きく展開するサイド攻撃で相手をどこまで翻弄し試合を支配できるか、再三練習してきたバウンドボールの処理、相手パントキックへのヘディングやチーム連携を意識した声掛けがどこまで試合で通用するかを課題に臨みました。

・初戦の西本郷戦、前回大会の決勝戦の相手でしたが選手たちは気負うことなくリラックスしたいい緊張感で試合に入れたと思います。同じ栄区内のチームで本郷の手の内は知り尽くされていましたが練習どうりサイドのユウアとGユウマによるスピードを活かしたサイド攻撃が奏功します。前半早々サイドを警戒して手薄になったセンターからNユウトが技ありのゴールを決めて先制します。その後も危なげなく試合を支配しますが相手GKの攻守に阻まれ再三の決定機を逃し続けてしまいます。結局前半を1-0で折り返しとなります。
・後半メンバーを入れ替えましたが同様に決定機を逃し続けてしまいます。じれる展開が続く中、後半から出場したハルトがコーナキックのこぼれ球をゴール逆サイドに蹴り込みようやく追加点をあげますが結果的に2-0で終了。全く危なげない試合内容でしたが、相手GKの攻守もあるとはいえ決定力不足が露呈してしまいました。また、声掛けもまたまた持ち越しの課題となりました。強くなるためには絶対に必要なことだと確認し2節に臨みました。

・2節のクライムイレブン戦は前節の課題である決定力と声掛けにこだわりました。相手が全員3年生のチームということもあり体力的な優位性から前節よりもさらに優位に試合を支配します。結果的には9-0となりましたが、やはり取りこぼしも多くシュート自体は20本近くは打っていたと思います。逆サイドに外れたものもあるので悪いシュートばかりではありませんが、もう一度ゴール前のシュートの精度や泥臭く体で持っていくプレーを練習する必要性が浮き彫りになりました。声掛けは前節と比較するとよくはなっていましたが満足するレベルまでは行っていませんでした。試合中チームを引っ張る役割が誰なのか?をよく考え理解してほしいです。

・少し厳しい評価かもしれませんが、連覇達成を目標とした以上は前回大会より「強いチーム」とならねばなりません。
選手一人ひとりが自分がやらなければならないことにチャレンジすることでチーム力が上がります。次節までの練習期間でそのことをしっかり意識し、「試合で通用するプレー」にこだわり練習していきましょう。
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 11/03: [3年] 南足柄大会(A... | トップ | 11/05: [3年] 南足柄大会(A... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事