FC本郷ブログ

横浜市栄区で活動しているサッカークラブ FC本郷の試合結果やイベントなどの感想などを掲載しています。

10/16: [LL-Z] あすなろ大会(1 ・2節)

2016年10月18日 | Weblog
■10/16(Sun) [LL-Z] あすなろ大会 LL-5 (1・2節) @釜利谷西小
------------------------------------------------------------
◆8人制/15分Half
[LL-Z] vs 富岡→3-0
・前半→1-0(ゆうき)
・後半→2-0(まこと、そうし)

[LL-Z] vs 横浜GS→0-0

■[LL-Z]総評
待ちに待った大会が始まりました。「5月5日@大岡公園」の忘れ物を取りに行くこの大会で、この日の選手は十分に手ごたえを感じたと思います。
まだ初日が終わっただけです。目標は決勝トーナメント進出ですが、まずは1戦ずつ集中していきましょう。

内田コーチが貴重な時間を割いて応援・指導に来てくださいました。選手のみんなが約束したのは次の5つ。
いくつ出来たかは個人差があると思いますが、次の試合でも是非実践して欲しいです。

(1) ゴールキーパーはDFと同じ役割
(2) 浮いているボールは、頭や体を使ってとにかく動かす
(3) サイドからは、長いドリブル
(4) 次のプレーを予想する
(5) ハーフタイムに汗をかいてからベンチに帰ってきなさい

幹事をしてくださいました、夏山SC様、本日はありがとうございました
帯同していただいた父母の皆様、お疲れ様でした。

富岡戦
前半5分に中央で奪ったボールをマコト→ソウシ→ユウキとつなぎ先制します。栄区大会での得点力不足からの反省で、この大会に合わせて準備した布陣での得点でした。チーム全体に勇気を与える貴重な先制点だったと思います。目指しているサイド攻撃ではありませんが、強引に縦に行くのではなく「横への展開」は今後の可能性を感じました。またこの日の2試合を通じて言えることですが「試合中の選手の声」がすごく積極的になりました。特にGKからの声掛けは、疲れて足が止まりそうな時に気持ちを鼓舞する意味でもすごく重要です。
一方で体力面では課題が残りました。前後半ともに終盤に足が止まり、プレスが甘くなったところで相手のシュートを許してしました。

横浜GS戦
格上相手に30分間一方的に攻め込まれる展開でしたが、ヨウキのゴール前クリヤーやカンタのセーブ・飛び出しなど、出場した選手ひとりひとりが体を張ってしのいだ試合でした。
相手PK判定後に時間がかかるなど運もありました(キッカーには気の毒でした)が、初戦にも言えることですが、選手ひとりひとりは気持ちが入っていましたし、試合後の選手は滝のような汗をかいていました。全員で奪った「勝ち点=1」ですが、ちょっと厳しい言い方をすれば、もっと出来ると思います。次回までに修正したいです。
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 8/27-9/18栄区大会SL-A 結果... | トップ | LL-A明浜カップ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。