にゃんこの理科を知るには?

人生折返し地点を経過!育児は継続中だけど、これから自分は何をしよう?

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

お米は日本人にとっては、・・・

2016-11-26 11:35:47 | 日記
こんにちは、お元気ですか。お米は日本人にとっては、一番親しみのある食材と言ってもいいかもしれません。そんなお米には、γ(ガンマ)オリザノールという、お米だけに含まれているという成分があり、この特有成分がさまざまな健康効果を発揮することが分かっています。例を挙げると、抗ストレス作用、善玉コレステロールを増やす働き、血行促進、更年期障害の緩和、さらに、男性ホルモンの一種であるDHTの発生を阻害する、とされます。このために、男性型脱毛症の改善にも効果があるようです。DHTという男性ホルモンは、男性型脱毛症の主な原因として知られ、これが分泌されることで脱毛は進んでいくからです。お米と言っても、胚芽に多く含まれる希少成分のようなのですが、お米を食べて男性脱毛症が改善できるのなら、ぜひとも、有効活用したいものです。美容やダイエットの強い味方として人気のあるグリーンスムージーですが、飲用している人は大勢いるようです。自分なりのレシピを使い分けたりする楽しみがありますが、材料によっては、育毛の効果を持つことも、わかってきたようです。より育毛のためのグリーンスムージーにするためには、人気材料のアボカド、リンゴ、グレープフルーツといった果物、葉物の小松菜、少しお高いですがメロンなど、これらで作るのがよいと言われています。ビタミンAが豊富な小松菜は特に、頭皮を健康な状態に保つ働きをしてくれ、育毛のためのグリーンスムージーには、とても適した野菜です。比較的安いというのも嬉しい点ですね。牛乳が育毛においては悪い影響があるということが、徐々に明らかになっています。理由として、牛乳には動物性タンパク質が含まれていることが挙げられます。植物性のタンパク質のヘルシーさは周知の事実なのですが、動物性のタンパク質のほうは、血流を悪化させる作用があり、抜け毛の原因となる髪の栄養不足を招きます。人間が生きる為に、タンパク質は非常に大事なものですが、上記のことから、動物性よりも植物性の摂取が推奨されます。それに加え、亜鉛の吸収を、カルシウムが阻害し、髪の毛にとって大切な亜鉛が乏しくなるので、育毛にとって、牛乳は敵といえるかもしれません。

薄毛のことが気になってきて、何か対策を始めたいという人は、まず食事から手をつけてみてはいかがでしょうか。おすすめは、玄米食です。慣れないと毎食玄米は手間なので、できるだけ摂るようにする、というスタンスでも大丈夫でしょう。美味しく食べようと思うと、少々コツのいる玄米ですが、それでもおすすめする理由は、食べて健康に良く、育毛に関わる大事な栄養素がとても多く摂れるのです。余談ですが、玄米は栄養の豊富さで、ベジタリアンにも人気があります。育毛のための栄養素とは何かといいますと、各種ビタミンや、鉄、カルシウムといったミネラル群、食物繊維などですが、白米ではなく、玄米を食べることで、これらをずっと多く摂取できますので、嬉しいですね。白米を基準にしてみますと、ビタミンB2は倍ほど、葉酸や鉄は倍以上、強い抗酸化作用のあるビタミンEが5倍、それに疲労回復効果のあるビタミンB1は8倍ほどにもなります。育毛に良いとされる食品は色々あり、時折ゴボウ茶が効くとされる場合もあるのですが、大きな理由としては、血行が改善されるためのようです。ゴボウ茶の成分そのものには、育毛に適した栄養素はあまり含まれていないようなのですが、血行が改善されて、身体の隅々、頭皮の毛細血管へもちゃんと栄養が運ばれて、頭皮トラブルを防いで、抜け毛やフケ、かゆみも改善してくれそうです。ところで、ゴボウの栄養素を詳しく見てみますと、他の食材より抜群に多くの食物繊維を含みますし、ゴボウの皮に多いポリフェノールは抗酸化作用を持っています。このポリフェノールは、悪玉コレステロールを分解する働きをし、血液の健康状態を高めます。以上のように間接的ではありますが、血流をスムーズにし、結果頭皮の毛細血管にも栄養が運ばれやすくなり、それが育毛になると考えられているようです。

ドライヤーを正しくお使いですか?例えばご存知の通り、ドライヤーを長い時間髪に当てるのは良くありません。「大体乾いたかな?」といった程度でドライヤーの使用を切り上げた方が、髪自体の健康の為には良いでしょう。その他、頭皮マッサージは、ドライヤーを使う前にして、これを習慣にすると良いでしょう。頭皮マッサージには、ちゃんと育毛剤を使用します。マッサージ後、使用されるドライヤーの熱により、先程マッサージに使った育毛剤が、頭皮にジワリと染み込んでいくはずです。ドライヤーの熱は、毛髪を伝って頭皮までちゃんと伝わっていきますので、頭皮に直接、ドライヤーの温風を当てようとしてはいけません。ドライヤー使用時、少し工夫をすると、育毛スキルがアップしますので、今までの使い方が間違っていないかどうか、一度チェックしてみると良いかもしれません。それでは、今日はこの辺で!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ナースは病棟の同僚と食事 | トップ | 私の妻は、妊娠してからず・・・ »

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。