朝っぱらから Unasemaje ?

泣いて笑って時々怒った2年と3月のアフリカ暮らし。
「朝っぱらから Habari yako?」改題

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

アフリカンタイム(2)

2008年05月05日 | アフリカンタイム

十数分前、キリマンジャロを真下に眺めて飛んでいた飛行機は
高度をグングン下げはじめた。
機内が少しづつざわめき始め、ニシも目を覚ました。

目を覚ましたニシは、寝る前と同じテンションで
意味の無いことを大阪弁をまくし立ててる。
(判ったから、メガネの脂を拭けってば。)

ニシには勝手に喋らせ、適当に相槌を打ちながら
窓の外を眺めてみる。

おおっ!見えるじゃないか、アフリカ!!
赤黄色の道路が見え
椰子の木が数本づつ植えられているのが見え
(へー、椰子の木って上から見ると本当にジャングルブック(注1)の絵みたいに見えるんだな)
錆びたトタン屋根のショボイ家屋が見え
(少しかしがっているのか、土塀色した壁も見える)
これで、象やキリンが歩いてたら、思い描いていたアフリカ大陸だな。

あん?ビルか、ビルかよ、ビルじゃねえか。

「おい、ニシ!アフリカにビルが建ってるよ!」
「カイトウさん、アフリカのこと馬鹿にしてるやろ?」
「だってお前、分離帯付きの片側2車線の舗装道路もあるぞ。キリンはどうしたんだよ!」
「何言ってんねん、相手してられんわ。」
「何言ってやがる、お前の無駄な話に付合ってやったじゃねえかよ。」
「それより、間もなく着陸だから手回り品確かめなよ、カイトウさん。」
「荷物ったって、頭の上のリュックとウエストバックだけだし、カメラ以外何も出してねえよ。」

おお!人が歩いてるのが見えるよ、おい、人だよ人!!

手の届きそうな位近くに
白いシャツの男(?)やカラフルな生地の服を着た女(?)が
通りを歩いていたり軒先にいるのが見えた。

っていうか、高度低すぎないか。運ちゃん!!

と思った瞬間、飛行機はダルエス空港に着陸。
あの妙に馴染めない空調が切れ
始めてアフリカの生の空気に触れた瞬間だった。





(注1)確かディズニーの漫画だったような…カイトウは、テレビではなく厚紙で出来た絵本で読んだ口だが。 



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アフリカンタイム

2008年04月11日 | アフリカンタイム




彼は左腕をちらと覗いた。5時28分。
何時間前かは忘れてしまったけど、アフリカンタイムのアナウンスが機内で流れたとき、文字盤が蛍光塗料で加工されたカシオを合わせてある。
数時間前までは、何人かは上映されている「ラストサムライ」を見ていたり、隣同士でおしゃべりをする人たちもいたけれど、今、機内で目を覚ましているのは彼だけかもしれない。
夜通し飛行機で揺られるのも初めてなら、海外に出掛けるのもこれが最初。

(別に興奮してる訳じゃないさ、機内が妙に乾燥し肌寒いから、他の乗客のように上手に眠れないだけだ)

機内の照明は落ちているの薄明るい。きっと、もう夜が明けているんだ。
そんなことを思いながら、右隣のニシを見てみる。さっきまで意味の無いハイテンション状態でしゃべり続けていた関西人も、今は脂で汚れたメガネをズリ上げたまま寝息をたててる。
今度は左側を向き、窓に下ろしたシェードをちょっとだけ開けてみた。

不幸にも彼の座席は主翼の真上、真下を見ることは出来無いが、前方に真っ白の大地が見える。

慌てて窓から顔を上げ、機内を見回す。
誰も起きてない!
自分独り占めジャン…アフリカの大地。

待てよ、なんで真っ白なんだ?アフリカンレッドソイルじゃないのか!いや、この時期は小雨季の筈だから、薄ボケた緑のサバンナでもいいんじゃないか?まだ、アフリカに着いてないのかな。
頭の中をイメージだけがぐるぐると駆け回る。
そうだ、地図だ。確かめよう。あ、預けた荷物の中かよ。

もう一度、そっとシェードを上げてみる。
眼下には、さっき見た真っ白な大地の変わりに、先っぽの尖った山とミルクプリンのような形の山が見えた。

…キリマンジャロ。か?
いや、キリマンジャロに違いない。

心の中で呟き、先程と同じように窓から顔を上げて機内を見渡す。再び、自分独り占め。
そうだ、ニコン!
ニコンはボディーもレンズもウエストバックに忍ばせてある。
慌てて組んで、三度眼下を望む。

げ、真下かよ。ニシ、退けろ。

急いで眠りこけてるニシを跨いで通路に出て、前方出入り口に行ってみる。
おおっ、ホントに真下だよ。慌てて、ニコンのピントを絞ってシャッターを切る。
シャッターを切る、シャッターを切る。
キリマンジャロをカメラに収めて、窓から顔を離すと、スチュワーデスの姉ちゃんが、ニッコリ笑ってアナウンスを始めた。どうやら、「小雨季なのに、今日は天気が良く、キリマンジャロがはっきり見ます。」と言うようなことを言ったらしい。しかも、有ろうことか、キリマンジャロの周りを旋回してる。数人の乗客が寝ぼけ眼で、鞄やバックからガサゴソとカメラを取り出し、写真を撮り出した。
でも、まあいいさ。自分が一番最初に見つけて、一番良いアングルで撮ったんだから。

それにしても、飛行機が観光のために旋回するなんて初めて知った。アフリカンフィーリングだなぁ。





 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

予告偏

2008年02月29日 | 番外編


カイトウ「そろそろ書かないとマズいかね?」

後輩B「とっくにマズくなってますって」

カイトウ「だよな(汗)。でも、筆が進まないんだよ・・・ちゅうか、20年近くも前の話、そんなにポンポン思い出せるか?」

後輩A「でも、始めたのカイトウさんですし・・・文豪じゃないんですから、そんな力作誰も期待してませんって。」

後輩B「初心に戻って、飛行機から見たキリマンジャロの話から始めたらどうです?」

カイトウ「判った、書く。書くけど4月まで時間もらえんか?」

後輩A、B「それって、誰に頼んでるんです?」

カイトウ「いや、いつもここに来てくれる殊勝な方に。」


と言うことで4月からエピソードⅡ開始(予定)。←←←オイオイ








コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いや、もう、何ていうか・・・

2007年08月07日 | 番外編
全くもってサボってます

あ もう少し涼しくなってから始めますか・・・



カイトウ本当にアフリカ暮らししてたのか・・・

暑さに弱いなんて疑わしいゾ







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

名前

2007年02月03日 | 彼は今





「そ言えばさ、最近JBが死んだじゃない」
「JBってジェームス・ブラウンのことですか?」
「そうそう。そのJBさ。」
「最近って言っても、3週間くらい前のことじゃないですか。」
「3週間前なら十分最近だよ。でな、オレがアフリカにいたときな、職場の上司にもいたんだよ、JBちゅうのが。」
「えっ、ジェームス・ブラウンっていう名前なんですか!」
「そ、ジェームス・ブラウン。」
「へー、どうしてJBなんですかね。」
「んー判らん。でもな、うちのJBはその後にワニャマってのが付くから。」
「ワニャマ?ワニャマって確か『動物』って意味ですよね?」
「そ、動物。いったい親は名に考えて名前付けるんだろね。でな、結構ヘンテコな名前のヤツがいるんだよ。」
「例えばどんなです?」
「ポピュラーなとこでは部族の名前かな。例えばキコ族出身なら、まんまキコだろ。あとマキューサはニャキューサ族出身とか。」
「へー、安直ですね。」
「もっと凄いのは、ガリとかジュマモシ、ジャマピリとかだな。ジュマモシ、ジャマピリは生まれた曜日だろう・・・まあ、子沢山だからいちいち考えるの面倒というのも判らんでは無いが、ガリはないだろガリは。自動車って名前の子は、一生親のこと恨むんじゃないか。それから、タンガウイジィーとかスカリとかいう名前も多かった。」
「タンガウイジィーにスカリですか。しょうがと砂糖・・・親は腹でも減ってましたかね?でも、何年か前、日本でも自分の子供に『悪魔』って名前付けようとした親がいましたモンね。」
「そだな、でも、名前って一生モンだからなぁ。親も良く良く考えないとダメだよな・・・後は『オマル』とかいう名前は日本人にはバカ受けだったな。」
「あははははは、でも日本人が教えなきゃあっちの連中には普通なんでしょう?」
「ああ、でも俺たちって親切だから、ちゃんと連中に『オマル』の意味は教えてやったのさ。君もあっちに行ったら、その辺ポイントだから、ちゃんとチェックしてきてくれよ。」
「・・・カイトウさん、一体何考えて、あっちに2年以上住んでたんですか?」


コメント
この記事をはてなブックマークに追加