浄空法師説法研究

浄空法師の説法に学びながら、日本語に翻訳して紹介しています。

善財童子参学報告(一)20161015

2016-10-15 | 善財童子参学報告
  作師作範有什麼好處?好處太多了。作師作範,諸位要曉得,就是過佛菩薩的生活。佛菩薩的生活,你想想看,多幸福!多美滿!凡夫的生活太苦惱了。我們要過佛菩薩的生活,是不是把我們現實生活就改變了?確確實實現實的生活,給諸位說,形象沒有改變。絕對不是說我們過佛菩薩的生活,我們現在生活貧困,一下就發了大財,不是這個意思,你這麼想法那就完全想錯了。佛菩薩的生活,沒有改變我們現實的物質生活,可是我們的精神生活完全改變了。精神生活改變了,縱然我們過得很貧苦,貧而樂。從前我們貧而苦,現在貧而樂。
師となり模範となって何か良い事があるのでしょうか?良い事はたくさんあります。師となり模範となること。皆さんよく理解して下さい。これこそが仏菩薩(ほとけぼさつ)の生活です。考えてみて下さい。どれほど幸せで円満であることでしょうか!凡夫の生活は悩みが絶えません。私たちが仏菩薩の生活を送るには、現実の生活を変えなければならないのでしょうか?確かに現実の生活なのです。皆さんに申し上げますが、表面は何も変わりません。仏菩薩の生活をすると、今生活が苦しければたちまちお金が得られるなど、決してそのような意味ではありません。あなたがこのように考えているならそれは完全な思い違いです。仏菩薩の生活とは、私たちの現実の物質生活と変わりません。しかし精神生活は完全に変わります。精神生活が変われば、たとえ生活が貧窮していても、それを楽しめます。それまで貧しくて苦しかったのが、今では貧しくても楽しめるのです。

  貧怎麼會快樂?貧而快樂的人很多。二千五百年前,孔老夫子有一個很窮的學生,顏回,這是孔老夫子非常讚歎器重的好學生,可是沒福報。這是我們佛門講,顏回大概前生修慧不修福,所以他很聰明,他沒有福報。生活很貧窮,但是他有高度的智慧,雖然很貧窮,可是很快樂。你看看書上所記載是真實的,不是假的。顏回貧窮到什麼程度?一簞食,一瓢飲,吃飯連個飯碗都沒有。簞是什麼?竹子編的,像個竹簍一樣編的,拿那個來盛飯;喝水沒有杯子,用個葫蘆瓢來飲水,貧到這種程度。夫子感嘆的說,一般人過這種生活憂慮煩惱,給別人來說那人是不堪其憂。可是顏回怎麼樣?不改其樂,他每一天活得快快樂樂,這就是學作師、學作範。他這個樂從哪裡來的?這樂是從智慧裡面來的。佛教給我們作佛、作菩薩,佛菩薩不是神仙,佛菩薩是人。什麼樣的人?對於宇宙人生真相徹底明白的人,明白就快樂,不明白就很苦。所以明白人,乞丐也有佛,也有菩薩,他也快樂的不得了。諸佛菩薩,《華嚴經》裡面所說的男女老少、各行各業;《華嚴》完全將諸佛菩薩的生活,落實在一切群眾當中,讓我們來觀察,讓我們來學習,這個經是我們佛法的圓滿法輪。
貧しくてどうして楽しめるのでしょうか?貧しくても楽しめる人はたくさんいます。二千五百年前、孔夫子(こうふうし:孔子のこと)に一人の貧しい学生がいました。顔回です。彼は孔夫子が称賛し、尊重した素晴らしい学生です。しかし福報がありませんでした。これは仏門で言えば、顔回はおそらく前世で慧(え=智慧)を修めて福を修めなかったので、非常に聡明でありながら福報がなかったのです。生活は貧しくても、彼には高度な智慧がありました。貧窮していても楽しめたのです。書物の記載は真実です。嘘ではありません。顔回はどれほど貧窮していたのでしょうか?「一簞(いったん)の食(し)、一瓢(いっぴょう)の飲(いん)」(一簞食,一瓢飲)。ご飯を食べる茶碗もありません。「簞」とは何でしょうか?竹で編んだものです。竹の籠のように編んだものにご飯を盛ったのです。水を飲むのにコップもありません。瓢箪を使って水を飲んでいたのです。それほど貧しかったのです。夫子は感嘆して言いました。普通の人はこのような暮らしでは憂い悩むものです。他の人にとっては耐え難いものです。しかし顔回はどうでしょうか?彼は毎日喜んで暮らしていました。これが師となり模範となることです。彼の喜びはどこから来るのでしょうか?これは智慧の中から生じたものです。仏は私たちに、仏になり菩薩になることを教えています。仏菩薩は神仙ではありません。仏菩薩は人です。どのような人でしょうか?宇宙・人生の真相を透徹して理解した人です。分かれば楽しめます。分からなければ苦しみます。ですから分かる人は乞食であっても仏であり、菩薩なのです。彼は喜ばしくて仕方がありません。諸仏菩薩は『華厳経』の中で言う男女老少、各行各業にいます。『華厳経』は完全に諸仏菩薩の生活であり、一切の群衆の中で実行するのを私たちに観察させ、学ばせるのです。この経は仏法の円満なる法輪です。


*****************************************************
管理人曰:
ある程度原稿がまとまったら読みやすく再編集しますので、宜しくご理解下さい。
当ブログは未熟な翻訳であり、転載等はご遠慮下さい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 善財童子参学報告(一)20161010 | トップ | 善財童子参学報告(一)20161023 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。