きらきら☆

いつも心に…俳優・高橋洋さん♪
大好きで、ずっと応援しています!

シャンク

2016年10月13日 | 高橋洋さん
舞台「クレシダ」

たくさんの思いが交錯して… なかなか思うようにことばがまとまりません。
でも、自分の心の覚え書きとして…。


平幹二朗さんが本当にすばらしくて!
彼が演じるシャンクから、たくさんの表情と感情を感じて、
彼の姿、セリフに引き込まれてしまって、見入ってしまう…
すごく幸せな、贅沢な舞台でした。

以前、平さんの「リア王」を見た時も思ったけれど、
彼を観ていると、歳を重ねることは、なんて素敵なことなのだろう…
と、心から思えます。
歳を重ね、たくさんの経験を経たからこその、深み。
それは、本当に深くて、味わい深くて、とてもことばでは表せそうにありません。
これこそを「円熟」というのだろうな… と。
心いっぱいに広がるのは、尊敬、敬意、そして、幸せという気持ちと、感謝の念。

ずるかったり、おちゃめだったり、拗ねてみたりするシャンク。
でも、演技に対しては、本当にまっすぐな思い。

スティーヴンに演技指導をするときの、「~なときは止める」のセリフは、
とても心に残りました。 特に大好きだったのが、
「セリフを、初めて心に浮かんだ時のように言っていない時は止める」
「その季節に獲れたリンゴを初めて味わう時のように、セリフを味わっていない時も止める」
(細かいところは違うかも知れません…)

そして、スティーヴンが演じた「クレシダ」を観て、
その演技の中に、自分は存在していなかった… と語るシーン。
いろんな思いが溢れていて、すごく切なくなるシーンで涙が出ました。

洋さんと平さんのシーンは特別で、とっても贅沢で、幸せなシーンです。






ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 舞台「クレシダ」大千秋楽 | トップ | スティーヴン »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む