きらきら☆

いつも心に…俳優・高橋洋さん♪
大好きで、ずっと応援しています!

舞台「クレシダ」大千秋楽

2016年10月12日 | 高橋洋さん
舞台「クレシダ」、大千秋楽。

すべてが終わって、会場を後にして、エスカレーターに乗ったとき、
まだ夢と現実の狭間をさまよっているような、ふわふわとした感覚でした。
でも、急に涙がこみあげてきて、なんだかすごくたまらない気持ちになりました。

すごく嬉しくて、すごく幸せで、すごく満たされていて、
でも、すごく寂しくて、何か大切なものを失ってしまったかのような喪失感。

それは、次はいつ、生の洋さんに会えるのだろう…という思いと、
今までいたはずの、そして、まだずっとそこにいたかった世界から、
急に放り出されたような、よくわからない不安と孤独感。

この舞台、とっても好きでした。
登場する一人ひとりが大好きで、自分は客席に座って、
ただ黙って彼らの姿を見て、言葉を聞いているだけなのに、
まるで、同じ時代を生き、一緒に時を過ごしているかのようでした。
自分も、1630年代のイギリス、グローブ座のバックステージに、一緒にいる感覚でした。
だから、まだその世界から出ていきたくはなかった。
まだまだ彼らと一緒に過ごしたかった。
それくらい、彼らは生き生きと、その人物として、舞台上で生きていました。


グーフィーを演じた、碓井将大さんの、2016.10.10のブログ「ASPECT/角度」
http://ameblo.jp/masahiro-usui-we/entry-12208692926.html

彼のことばのひとつひとつが、嬉しくて、心に響きました。

「この世界の中にずっといたいなと思えるような本当に素敵な、大事な作品になりました。」

「1つのセリフだけで、流れを変えられる。
 1つの動きでその人を表現出来る。
 毎日本気で役と向き合っている人だけが、見える世界があるんだなと本当に感じました。」

「それでも、1つの役で誰かの人生を少し豊かに出来たり、
 明日頑張ろうと思えるきっかけを作れるこの仕事は最高の仕事だと思います。」

「申し訳ない事に、長らくブログから遠ざかっていましたが、
 "言葉"あっての役者なので、書きたい事が溢れて来て、まとまりがあまりつきません。笑」


グーフィー、前髪ぱっつんもかわいかったし…
少年らしい表情と動き、何より、トリッジに議論をふっかけるときの、
あの口調、あのセリフまわしが大好き。
すごく素敵な役者さんだな、と思いました。


洋さん、平さん、出演者のみなさん、スタッフの方々、
そして、この舞台に関わってくださったすべての方々に…
心から感謝しています
観客の1人として… この舞台に出合えて、この時代・空間に共に生きることができて、
本当に幸せでした





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« GM洋さん | トップ | シャンク »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む