天空☆faya-y的毎天☆

~faye-yの日常~
天空疊著層層的思念。

「御神酒徳利」

2017-06-20 12:22:18 | 落語
「御神酒徳利」

本番の音を撮っておいたらよかった、と反省。かかしさんのDVDがあがるのを待ちます。しかし、しばらく「御神酒徳利」の稽古はしないでしょう。

今回あがるのが非常に遅く、いつもなら先生に「まったくなっていませんね」と谷底に落とされるのですが、なぜかあまりおっしゃらない。この理由は発表会の打ち上げで明らかになります。

いままで覚えたネタのうち30分近いのは「仔猫」「天下一浮かれの屑より」25分となると「佐々木裁き」、これらは分割して覚えていましたが、「御神酒徳利」は、前半後半で同じ設定が場面があり、セリフが重複するので“ついうっかり”ミスを起こしそう。
ノート読みまでは分割してやっていましたがある程度セリフが入ると稽古は35分一本勝負。ひたすら前から後ろまでを一気に。リピートリピート。

自分、不器用ですから。

そんなこともあり仕上がりが遅れたのです。今回は直前にあがり、直前にもまだ直しが。

袴を着ての落語はわりと高座に上がっているので大丈夫かと思っていたら、お稲荷さんのところで袴を踏んで立ち上がりにくい事案発生。座り直した間に袴を引っ張り出して踏まないように修正。写真ではばっちり袴がずれたのが写っています。あと、先生から手がでてる!と何回も注意されたところはできていた、と写真見てほっとしました。

さて、打ち上げでは先生に「(このネタをしたら?と課題を出したのは自分なので)意に沿わないネタをするようにいったから覚えられないのではないかと思って強く言えなかった」と言われました。そういうわけではありません^^;

が、来期の課題ネタが今年も与えられました。
そして、他のみなさんも発表会翌日には続々とネタが決まりつつあり、

なんとこの時期でなんとなく来年の発表会の出番順まで決まりましたww

来年もN本さんのご予定を聞いておかねば←あてにしすぎ(笑
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 黒紋付びりびり事件 | トップ | GABAN »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (とんぼ)
2017-06-21 23:58:19
お神酒徳利。
何と言ってねぎらったらいいか、迷います(笑)。
「お疲れさまでした」では、何か違う……



色々な気持ちを込めて

「ざまぁみろ!」

に、しときますか(笑)。









なかなかそんな機会もないし、アマで「お神酒徳利」を人前で演れたなんて幸福者は、アタシの知る限りでは、アタシ自身の他に、ゆ乃月さんだけです。



アタシのお手本は、市馬師匠のCD。ほぼ1時間!!

ネタはもう既にあらかた忘れてしまったくせに、長講にも関わらず、ちっともシビレが切れなかったのは、今でもハッキリ覚えてます(笑)。
re:とんぼさま (faye-y)
2017-06-22 12:12:15
「御神酒徳利」の違うバージョンもあって(文珍師がされている型)、短くする人もいるのでこちらではあまり「御神酒徳利」が長い噺という認識はないのかも知れません。

市馬師のテレビでの「御神酒徳利」は拝見しましたが、1時間とは…。さすが“御前落語”。

筋で展開していく噺で、私が笑いを起こせるのか(実際仲間内のお稽古では笑いがなかった)不安でしたが、えらいもんですね、先生の指導の通りにしたら笑ってもらえました。そうか笑いを引き出すにはこうすればいいのか、と大変勉強になりました!

が、まだ疲れがとれません。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む