天空☆faya-y的毎天☆

~faye-yの日常~
天空疊著層層的思念。

うのひ座 12月

2016-12-20 12:03:52 | 落語
うのひ座
日曜は陶々舎(大徳寺の近く)からの繁昌亭夜席。一年連続公演していた林家一門の会千秋楽です。なので、トップも石段からではなく、仲入りまで一気にたっぷり。
林家や染丸師匠十八番のネタを!
おなかすいたすいたと言っていたら「ふぐ鍋」に空腹加速。
「かけとり」は、昼間の都若さんと続けて!ほんとにどちらもおもしろかったから同じ日に聞いても飽きない。菊丸さんは浄瑠璃を入れてました←やりたそうに。
楽しみにしていた染雀さんの芝居噺に、染ニさんの「不動坊」で大爆笑。いや〜、おもしろかった。あんころ!

そして、ことほぎ寄席に続いて大喜利。紋が入った着物というドレスコードを会場入りしてから聞いたという笑丸さんの胸には紙で切り抜いたウサギがセロハンテープで貼られてました。余談ですが、ツイッターで女子大生の笑丸さんファンがこの紙の紋をもらったとツイートしてました。なにそれ、かわいすぎるぞ!
さすがプロ、大喜利のお題がお客さんに借りてきたものを使って忠臣蔵の人物になりきって討ち入りに因んだことをいうという高尚さ(そうかのか?)もうひとつは、あいうえお作文。グダグダありーの、感心ありーの、普段のみなさんの姿が見え隠れしーので楽しかったです。
そして、最後はかすりもしなさったサイン抽選会でこちらは染丸師匠も登場して、林家一門の会は終演したのでした。





12/18(日)うのひ座
「ふぐ鍋」卯三郎
「かけとり」菊丸
「七段目」染雀
「不動坊」染二
仲入り
年忘れ大喜利
ご贔屓御礼抽選会

追記 だぶったサトウの鏡餅を楽屋見舞いに。いま食べられないものを贈るな!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 二回めの陶々舎 | トップ | 冬至 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

落語」カテゴリの最新記事