天空☆faya-y的毎天☆

~faye-yの日常~
天空疊著層層的思念。

メイキング オブ なでしこ★大忘年会[序章]

2016-12-13 21:56:24 | 落語
すでにご報告しておりますとおり、12/11第二回なでしこ寄席が無事終了いたしました。
当日は13時から18時までの公演時間に約140名のお客様にご来場いただきました。アンケート回収は約70枚。ほぼ50%の回収率。書いてくださった方々のコメントひとつひとつがありがたく、打ち上げでも紹介しましたがまたちゃんとデータベースにしてなでしこメンバーで共有したいと思います。
さて、今回アンケートをとった理由のひとつがどこからこの落語会を知ったか知りたかったということ。広報部長いち福さんが箕面の広報誌などに掲載したこと、段取り部長の私がチラシを作成して各自落語会でまいたこと、どこからどうお客様がやってくるのか。地元いち福さんからの紹介の方が多かったのですが他には、落語会でチラシをもらってきたという方が多く、私が関係したところでは「10/10岡町噺の会」のお客様も。2か月チラシを大事にもっていてくださっていたかと思うと目頭が熱くなります。一週間前の12/4に同じく箕面で落語会にでた圓九さんにもチラシまきを依頼。30枚ほどまいてくださった中から3名は来てくださっていました。FM箕面を聞いてきたと言う方も数名。
しばらく先になりますがとりまとめの腕がなります。

さて、今回はなぜ「なでしこ連合」が誕生し、なでしこ寄席をすることになったかというお話から。
3年続いた神戸落語女王がなくなった今年、3月頃に今年はないのかさびしいなあ、という声がぽつりぽつり。私は4月に“ほぼ別嬪寄席”が控えていたのでさびしい気持ちはそこそこに企画に全力投入中でした。
そして、ほぼ別の当日、神戸落語女王で出会った方々が見に来てくださっていてのちに御礼のメールやネットでのやりとりをしていると、ふつふつと「あ、なんか落語会できそう。というかやらなければいけない!」という気持ちと怒濤のようにアイディアが浮かび、いろんな方に連絡をとり、6月に伝楽亭にて「第一回なでしこ寄席」を開催。
林家花丸さんに大会のあと「誰かが企画して落語会をしたらいい」と言われたことが一年半後に実を結び、熱気が新たな熱気を生み出したのがなでしこ第一回目だったのでした。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 後始末 | トップ | メイキング オブ なでしこ★... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

落語」カテゴリの最新記事