F4之花園

当代、アジア随一の男前集団、F4についてあれこれ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

事の真相

2010年06月23日 | 天×仔
(私の中国語の訳が間違っていなければ、)先日の孝天と仔仔の「密会」は仔仔が孝天に渡す物があって持っていったんだとか。で、二人はその二週間ほど前に一緒に食事に行ったんだと・・・仔仔がリークしている模様(笑)。なんなんでしょうねぇ、仲良しコンビ。何がきっかけで「焼棒杭に火がついた」んでしょう?

でも、と言う事は、「お、仔仔来たな。この可愛いの見せてやろう♪」と小犬を抱いて(マンションから降りて?)来たいうのが正解ですね、きっと。多分、仔仔も「好可愛~!!」とか言って喜んだ、いや、喜ばせてあげたことでしょう。

この二人は、以前から半同棲だけでなく、一緒にプライベートなお出かけや旅行もしてたし、一緒にいるとやたら楽しそうで、そんな二人を見てると大きな小熊二頭がじゃれあってるみたいで和んだものでした。

二人共、最近はそれぞれに新パートナーが出来て違う生活を楽しんでいるみたいだったけど、やっぱり一番気が置けずしっくりくるのはお互いだったと気づいたんでしょうかね~(笑)。31と29になっても何だか昔のままって感じがいいです。これからも、末永く仲良しでいてね~。

あ、で、仔仔の誕生日、勿論、阿旭とヴァネースからもお祝いのメッセージ入ったと思います。仔仔はF4のかけがえのないハブだもんね。

Comments (6)
この記事をはてなブックマークに追加

密会?

2010年06月22日 | 天×仔


孝天の笑顔とこの画像の作り方がまるで密会してるかぽ~の様(笑)

何やら最近ごちゃごちゃやってるみたいですね、この二人(笑)。にしても孝天のこの笑顔。仔仔に会えるのが嬉しいのか、小犬を見せれるのが嬉しいのか(多分、後者。笑)、どっちにしてもいい笑顔です。この二人、やっぱり気が合うんだろうなぁ、オタク同士(笑)。かつての半同棲相手同士、離れていても悪態ついたり冗談言ったりできる幼なじみみたいな感じなのかもね~。

そう言えば、仔仔、今年は孝天からお誕生日のプレゼント貰ったのかな(←多分、メールくらいだと思われるけど)。以前、「孝天が、誕生日のプレゼント何がいい?って聞いてきたんだけど、何もいらないよ、って答えたら本当に何もくれなかった(笑)」とか言ってたけど。

でも、どういういきさつで会うことになったんだろう?きっと電話かメールで近況を報告し合ってて、孝天がカイラに小犬が生まれたんだとか写メ送るか何かして、仔仔が「わ~、見たいなぁ」とか言って「じゃ、今から来い!!(半分命令形)」みたいな感じ?(久しぶりに妄想MAX。笑)にしても、たった5分足らずの為に会いに来るって、付き合いはじめのカップルみたいな(笑)。ま、仲良きことは嬉しきことかな by 迷 だけどね。
Comments (4)
この記事をはてなブックマークに追加

仲良し小熊復活?

2010年04月20日 | 天×仔


仔仔に寄ると、最近、又、孝天と連絡を取り合ってるとか。会ってはいないみたいだけど、電話やメールで楽しいやり取りをしてるらしい。気の置けないかつての半同棲相手、離れていたけど心はひとつだった(?)。ソロの仕事が増え始めて一番大変な頃。私生活もいろいろあって大変だった頃に、仕事も共演が多くて、私生活でも一緒だった二人。今、思うと一緒だから緩和された部分も多かったんじゃないかなぁ。その後、それぞれの道を歩き始めたけど、たまに会うとやっぱり仲良しで楽しそうだった。いろいろあってお互いに自分の道がはっきりして、ちょっと大人になって余裕も出て来て、又、お互いの存在を楽しめる様になってきたのかも知れない。人生まだまだこれからだけど、「ちょっと乗り越えたのかなぁ」なんて嬉しく思ったりして。

仔仔曰く、F4は兄弟みたいなもんだから、会わなくても気持ちは繋がってるということ。阿旭もヴァネースも仕事も私生活も順調みたいで、自分のことで精一杯だった時期から抜けつつありそうだし、四人が再会した時は今までと同じだけど、ちょっと違った仲の良さが見られるかも知れないなぁ、なんて想像したりして。やっぱり見たいなぁ、四人揃って笑ってるところが。
Comments (2)
この記事をはてなブックマークに追加

嗚呼、青春之一頁

2010年03月20日 | 天×仔



熊の森の集会で絶賛来日中の孝天。参加された方達の話によると孝天、歌もルックスもとても良い状態だったとか。記事や画像が上がってくるのが楽しみです♪

さて、こちらは2003年、狂愛プロモーション中の仲良し小熊コンビ(この呼び方、懐かしい・・・)。この頃の孝天と仔仔は半同棲状態で、私生活でもしょっ中つるんでましたねぇ。二人でいるといっつも二人の世界&いっつも笑顔。楽しそうで見ているこっちも和まされました。本当に気が合っていたんだろうなぁ。この頃の二人の仲のよさを物語るエピソードや噂は数知れず。

「狂愛」の撮影中も、二人がスタッフやキャストと飲みに行って、孝天が一旦外に出たのに途中で戻って来て、仔仔と二人でタクシーで帰ったり。おいおい、それは彼女にすることじゃないの~っと突っ込んだものでした。

一緒に学生時代を過ごして、社会人になってなかなか会えなくなったけど、楽しい時間を一緒に過ごして来た「絆」みたいなものは心のどこかに残ってる者同士、って感じなのかな、と想像してみたり。でも、滅多に会わなくなった今でも、お互い何気に名前を出し合ったり、たまにあっても遠慮がないとこなんか、過ごした密度の濃さを感じます。

でも、こうやって見てると二人共本当に綺麗な顔だ~(勿論、お姉様方も)。やっぱり沢山いる台湾スターの中でもF4の美しさは別格というか・・・。いや、かっこいい人、他にもいますよ。でも、綺麗で可愛いとなると、やっぱりダントツだなぁ。これはファンだから思うんじゃなくて、事実です(断言。笑)。

この動画見ててふと思い出したけど、そう言えば、孝天のトレードマークだった(?)高笑い、久しく聞いてないなぁ。この頃は当たり前の様だったのに。

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

嗚呼、友情 

2009年11月18日 | 天×仔

「仔仔からはないけど、仔仔周渝民からは来てるよ」と友達が言ってた(笑)

孝天の初舞台@上海の初日、仔仔と小支からお花が届いてました。かつての同棲相手、仔仔からは勿論、かつての同僚、というか所属事務所のマネージャーからのお花は、どれだけ嬉しく励みになったことかと・・・。特に小支が個人の名前で出してくれてるのは、私も驚きと共に、なんかかつての仲間って感じで単純に嬉しかったです。だって、まさかねぇ、そんなこと今まで一度だってなかったし。

小支は孝天福隆時代、孝天専属マネとしてつかず離れず(?)二人で世界各国を旅して廻った仲。小支が福隆のタレント全般の大陸担当マネージャーに出世(?)してからも、たまに孝天につくとまるで兄弟か従兄弟同士の様で、とてもタレントとマネージャーの様には見えなかった二人(笑)。きっと小支はファンにもマスコミにも言えない孝天の秘密もいっぱい知っていることでしょう(笑)。

舞台はですねぇ、孝天、頑張ってましたよ~。周りの役者さんが上手過ぎるってのもあったけど、みんなに上手く引っ張って貰ってたという感じで。まだまだツアーも開始したばかりなので、これから回数を重ねていくと、もっと熟れていい感じになっていくのでは?ただ、残念なことに孝天や共演者の台詞に現地の人達が受けていても、中国語が分からない私にはちーともわからず、一緒に笑うことはできませんでした(当たり前っちゃ当たり前だけど)。舞台だから、見ぶり手ぶりや動きで何とかわかるかな?と思ってたけど、非常にざっくりとわかった程度で、やっぱり言葉の壁は大きかったです。

私は初日と二日目を見ただけの二泊三日の上海滞在でしたが、いろいろと楽しんで来ました。そのレポは又、後日にでも・・・。

しかし、相変わらずデカかったです、うちの殿。

Comments (4)
この記事をはてなブックマークに追加