ファチマの聖母の会・プロライフ

お母さんのお腹の中の赤ちゃんの命が守られるために!天主の創られた生命の美しさ・大切さを忘れないために!

ポンテヴェドラで説明された5ヶ月の初土曜日の信心の理由

2017年06月15日 | ファチマ
以下は、「マリアの汚れなき御心と霊魂の救い」からの引用です。



ポンテヴェドラ:1925年12月10日(木曜日)-5ヶ月の初土曜日の信心-


ルシアはポンテヴェドラのドロテア会修道院に志願者として1925年10月25日から1926年7月20日までいました。

1925年12月10日木曜日の夕方、18歳の志願者ルシアに聖母マリアと幼子イエズスが御出現になりました。そのときの様子はルシアの証言によれば、次の通りです。

聖母が御出現になり、彼女の横に輝く雲の上に高められて幼子イエズスがいらっしゃいました。聖母はルシアの肩の上に手を置かれ、棘によって取り巻かれた彼女の御心を片方の手に持たれて、それをルシアに示されました。そのとき、幼子イエズスがこう言われました。

「あなたのいと聖なる御母の御心に同情しなさい。それは棘で覆われています。恩知らずの人々はその棘で御心をいつも突き刺しています。そしてそれらの棘を取り除くために誰一人償いの業をしません。」

次ぎに聖母がこう言われました。

「私の娘よ、私の御心を見なさい。それは棘で取り巻かれています。その棘で恩知らずの人々は冒涜と忘恩によって絶えず私の御心を突き刺しています。少なくともあなたは私を慰めるよう努めてください。そして私の名において次のことを告げ知らせてください。私は、償いをするという意向をもって引き続き5ヶ月の間初土曜日に告悔をし、御聖体を受け、ロザリオ5連を唱え、ロザリオの15の玄義を黙想しながら15分間私と共にいるすべての人に、救いのために必要なすべての恵みをもって臨終のときに助けることを約束します。」

ルシアはこの御出現とメッセージを直ぐに院長のマザー・マガリャエスに告げ、またポンテヴェドラ修道院の霊的指導司祭ドン・リノ・ガルシア神父にも報告しました。彼はルシアに後で必要になるかもしれないから、すべて書き留めておくように命じました。

ルシアはこの出来事の詳細な説明をアシロ・デ・ヴィラルから来ている霊的指導司祭、ペレイラ・ロペス師のために書きました。12月29日に院長のマザー・マガリャエスはダ・シルヴァ司教に御出現の件を報告していますが、あまり正確ではなかったようです。ペレイラ・ロペス師はルシアに返事の手紙を出しました。その中で彼は留保を表明し、質問をし、待つように勧めました。2月15日にルシアは質問に答え、出来事の詳細な説明をする手紙をロペス師に送りました。

この手紙の中でルシアはロペス師に、聖体拝領の際にイエズスに対してロペス師の手紙を読んであげ、こう申し上げた、と書いています。

「おお、私のイエズスよ、あなたの恵みによって、祈り、苦行、信頼をもって私は従順が私に許し、そしてあなたが私に霊感をお与えになるすべてのことをなそうと思います。そのほかのことはあなたが御自身でなさらなければなりません」と。

数ヶ月前に一人の子どもに出会った同じ場所で、ルシアはゴミを捨てに行った際に、またその子どもに出会います。以前に会ったときにルシアはその子に「めでたし」を一緒に唱え、「おお、天にいます私の御母よ、私にあなたの御子イエズスを与えて下さい」という祈りを教えたのでした。

この日またその子どもに会ったので、「あなたは天の御母に御子イエズスを求めましたか?」と訊ねますと、その子どもは「あなたは、天の御母があなたに求められたことを世界に明らかにしましたか?」と言いながら、光輝く子どもに変りました。それで、ルシアはその子どもがイエズスであることが分かりこう言いました。

「私のイエズス!あなたは読んでさしあげた手紙の中で私の霊的指導司祭が言われたことをご存じです。彼はこの幻視は繰り返されなければならない、私たちにそれを信じさせる事実がなければならない、そして院長様だけではこの信心を広めることはできない、と言われました。」それに対してイエズスはこう答えられました。

「院長一人だけでは何もすることができないことは確かです。しかし、私の恵みがあれば、彼女は何でもできます。あなたの霊的指導司祭があなたに許可を与えること、あなたの上長がそのことのためにこれを告知することが必要です。それが誰に明らかにされたかを人々が知らなくても、人々によって信じられるようになるためです。」

「しかし、私の霊的指導司祭はその手紙の中で、この信心はすでに世間に存在すると言われました。と申しますのは、多くの霊魂は聖母の栄光のために毎月初めの土曜日に御聖体を受け、ロザリオの15玄義を唱えていますから。」

「私の娘よ、多くの霊魂が始めていることは確かです。しかしほとんどの人は最後までやり通しません。そしてやり通す人は約束された恵みを受けるためにやり通すのです。熱心に5ヶ月の初土曜日の信心をする霊魂、あなたがたの天の御母の御心に対する償いをする霊魂は15連のロザリオを唱えるが、しかし生ぬるい、どうでもよい仕方でそうする霊魂よりもずっと私を喜ばせます。」

「私のイエズス!多くの霊魂は土曜日に告悔するのを難しいと感じています。8日以内にする告悔を有効だと認めてくださいますか?」

「初土曜日に御聖体を拝領するときに恩寵の状態にあり、そしてマリアの汚れなき御心に対する償いをする意向を持っているならば、それ以後でも告悔の秘蹟を受けることができます。」

「私のイエズス!ではこの意向を入れることを忘れた人はどうでしょうか?」

「告悔に行く最初の機会を利用して次の告悔のときにその意向を入れることができます。」

イエズスとルシアの会話はこれで終わり、イエズスはルシアの前から姿を消されました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 聖母マリアのシスター・ルシ... | トップ | 初土曜日の信心の5つの条件... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。