風に吹かれて(Breath of Nature)

Flyfishing、山歩きからBikeまで、季節の匂いや風を追って遊びたいのに
なかなか遊べない、そんな男の雑記帳

オオミズアオの悲劇

2017-06-14 17:07:17 | 独り言

ウオーキングから帰り、鉢物に水やりをしていた時にふと見つけた翡翠色の前翅。
それはまさしくオオミズアオのものだった。
写真は離れたところに落ちていたものを拾って並べたもの。
きっと鳥に襲われたのだろう。



数年前、グミの木に止まっていたオオミズアオを見つけその美しさに見入っていたことがあった。
突然飛び立ったオオミズアオは3、4m上空に舞い上がった途端、「パシッ!」という音がして
野鳥に捕食されたのだった。
大きく綺麗な前翅がひらひらと目の前に落ちて来たのが今も忘れられない。

鳥だって生きてゆくために木の実や昆虫を食べる。
食べて生き残って、その種を残すのだ。
分かっていても、目の前にその痕跡を見せつけられると何とも言えない気持ちになる。


ジャンル:
速報
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« プレゼント到着! | トップ | 梅?桃? »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
(;_:) (うさぎ)
2017-06-14 23:09:42
天のつくった美しい芸術。
焼き鳥にしちまいたいけど、それもまた天のつくった美しい芸術。。
車二台連ねて発掘の帰りの真っ暗な山道。前の車が急停車。センセイどーしたのおぉ!?!ぶつかるとこだったじゃん!と怒ったら、だってさと指さす道路の真ん中にオオミズアオ。
なんてこと思い出したりなんかした今宵でした。
オオミズアオ (コアジサイ)
2017-06-14 23:33:00
うちでもまだ今年は出会えていませんが、窓の近くの壁にとまっているのを見かけます。
飛ぶと大きな羽の舞は美しくもありますが、ちょっと引けてしまいます。
どんな鳥が食べたのか本当に分かっていてもですね。
冬はこんなこともなく静かなものですが春からはこんなドラマが
生きるために日々繰り広げられているのですね~
うさぎさんへ (たまボブ)
2017-06-15 00:12:14
地球上の生物界のどこにでもあって不思議ない事なんですが、
目の当たりにすると、何か心にひっかかる物があるのは
何故なんでしょう

真っ暗な山道でヘッドライトに浮かび上がったオオミズアオ
地獄で観音様って感じ???

コアジサイさんへ (たまボブ)
2017-06-15 00:23:21
そちらでも近くで見かけるのですね。
確かに蝶ではなく、蛾の一種ですから、嫌う人は多いと思います。
分かっていても、あの美しい翡翠色の翅を見るとつい目で追ってしまいます。

生き物たちが生きてゆくためのドラマですが、何故いつも
目の前で儚く散ってゆく姿ばかり見るのか?
私の中でオオミズアオはいつも一瞬の出会いでしかないのが悲しいです。

コメントを投稿

独り言」カテゴリの最新記事