うさこさんと映画

観た映画についてのかんたんなノートです。
やっと450本を通過しました。
あらすじや結末を記していることがあります。

0449. 断崖 (1941)

2016年11月20日 | 1940s

断崖/アルフレッド・ヒッチコック
1h 39min | USA

Suspicion (1941)
Directed by Alfred Hitchcock. Written by Samson Raphaelson, Joan Harrison and Alma Reville based on a novel by Francis Iles. Music by Franz Waxman. Cinematography by Harry Stradling. Film editing by William Hamilton. Performed by Cary Grand (Johnnie), Joan Fontaine (Lina), Nigel Bruce (Beaky). Academy Awards, USA 1942 Won Oscar Best Actress in a Leading Role: Joan Fontaine.
    

http://www.joylesscreatures.com/reviews/suspicion


淀川さんの声:はい、今日は『断崖』です。ヒッチコックのこわーいこわーい名作ですね。このヒロイン、『レベッカ』でさんざんいじめられた、あのジョーン・フォンテーンです。今度もさんざんいじめられる、かわいそうなかわいそうな、またそのフォンテーンが、ほんとうにきれいなんです。まあいかにもヒッチコックごのみの、それはそれは清楚で品のいい女優さん、ヒッチコックがどんなにお気に入りだったか、それはもう、舌なめずりするようないじめかたでよくわかりますね。でもフォンテーン、この映画でアカデミー主演女優賞、取りました。がんばったかい、あったんですね。

このお話、大きなお屋敷で育った箱入り娘が、ハンサムな男性と知り合って、まあ、たちまち好きになって駆け落ちしてしまうんです。この男をケーリー・グラントが、いかにもまあ、洒脱に演じるんですね。ところがいざ結婚してみると、この男が、まあ仕事もない、財産もない。うそばっかりつくんですね。豪華な新婚旅行、楽しかったと思ったら、ぜんぶ借金だった。そういうのをグラント、ほんとうにじょうずにやるんです。なにを考えてるんだか、わからない。でもそれを演じて下品にならないんですね。そしてまた、そこへのらりくらりとよくわからない友達が転がり込んできたりして、どんどんあやしくなる。でもほんとのところはどうなのか、そこはわからないんですね。もう、目が離せませんね。

そしてジョーン・フォンテーン、このあやしい夫から保険金めあてで殺されるんじゃないか、だんだん、だんだん、ほんとうに怖くなっていく。ここ、有名な場面、出てきます。広い広い、がらーんとした暗い夜のお屋敷で、ケーリー・グラントが奥さんにミルクを持っていく。ミルクのグラスをお盆にのせたのを持って、静かに階段を上がっていく。このミルク、それがきらきら、きらきら、白く輝いている。どうみても毒入ってるんじゃないか、モノクロの画面でそこだけが真っ白、もう、ぞくぞくするほどこわいですね。これ、ミルクのなかにランプをいれて光らせたんです。ヒッチコック、もう、ほんとうに凝っていますね、名場面です。

そしてきれいな奥さん、もう怖くてたまらなくて、最後はとうとう実家へ逃げ出そうとします。そうすると、このだんなさん、それなら車で送るから、いうんですね。夜の道を運転していって、途中で、断崖絶壁、出てきます。どんどん迫ってきます。ああどうしよう、そこで車のドア、ばーんと開くんです。ああ落ちる落ちる、突き落とされる。クライマックスですね。そしてどうなるか。はい、いつもだったら、ここからさきは言いません。でも今日は特別サービス、結末こっそりお教えします。このだんなさん、それはそれは口がうまいんですね、そんなことは思いすごしだよ、というんです。そうなると奥さん、そこはもともと箱入り娘ですから、まあそうだったのね、ごめんなさい。すなおにだんなさんと、もと来た道を引き返していくんです。映画、そこで終わってます。そのあとどうなったのか、これはもう、みなさん一人ずつ、想像して楽しんでください。

はい、いかがでしたか。こわかったですねえ。でもこの結末、ヒッチコック、ほんとうはちがうふうにしたかったんです。あの毒のミルクの場面、もっと最後のところで使いたかったんですね。ほんとうのクライマックス。そして奥さん、毒だとわかっていて飲むんです。わたしは夫を愛してる、でもどんな人だかわかっている、わたし、もうどこにも行き場がありません。それをお母さんにだけは伝える手紙を書いて、なんにも知らないふりをして飲むんです。まあ、かなしいかなしい愛情。そしてだんなさん、そのお母さんあての手紙、なに書いてあるかは知りません、それ鼻歌まじりにポストに投函する。それでおしまい。これ、ほんとうにすばらしくなったでしょう。でも当時のケーリー・グラント、奥さんを殺す犯人にするにはあんまり人気がありすぎました。それでヒッチコック、結末変えたんですね。残念です。でもこの映画のこわさ、それでもちゃんと伝わりますね。それではさよなら、さよなら、さよなら。




メモリータグ■冒頭、この令嬢が眼鏡をかけて、列車のなかで読んでいる本が『児童心理学』。それで両親がひそかに、うちの娘、インテリすぎて結婚できないんじゃないかと話しあう。ううむ、時代が出ています。



ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 0448. バルカン超特急 (1938) | トップ | 0450. 君の名は。 »
最近の画像もっと見る