休日縁側盆栽

-盆栽を育成する日々の記録です-
ベランダで松や梅などの盆栽を育成中
土日祝日に撮影し不定期に更新しています

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

鉢底石は必要なのでしょうか?

2016-11-05 22:32:15 | その他
園芸の本を見れば大体は鉢底石を入れてから用土を入れています。
理由は水はけを良くするとか、調整するとか書かれていますが、
ここに疑問を感じています。
要は購入してストックする土の種類を減らしたいだけなんですけども。

よく見る鉢底石の使い方は鉢底石の量で水はけを調整するというものですが、
自分で用土の配合をしない場合は悪くはないと思いますが、
ただそれでは鉢内の上部は水はけ悪いままですし、鉢を一回り小さくすれば鉢底石を使わなくて済む気がします。

盆栽は自分で用土の配合をするので水はけを良くしたければ赤玉土の割合を減らせばいいですね。
鉢の形によって底の水はけが悪そうならば、用土の配合に使った砂を少し敷けば解決するのではないでしょうか。
このようにすれば用土の水はけを均一化出来るのではと考えています。

とはいえ、実は鉢底石は無くても大丈夫なんじゃないかな?程度でまだ試せておらず、検証不十分なので春の植替からやってみたいと思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 苔が生い茂りました | トップ | 紅冬至咲きました »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
鉢底石 (ハウスのおっちゃん)
2016-11-06 06:43:32
おはようございます

鉢底石は山野草や春蘭や寒蘭などの停滞水を嫌う植物には必要なモノです
水や空気を通す事や乾かして創ることで
植物の生長をコントロール出来ますし
早く乾かせて根を育てる仕事も有ります
レキコウ栽培は日本の四季に会った
特殊な技です
乾かして創る
これで樹や草達を元気な締まった姿にして行きます
Re:鉢底石 (farutu7)
2016-11-06 10:59:02
おはようございます。

確かに停滞水を嫌う植物において、ザルのように水はけの良さが期待できない普通の鉢では、鉢底に多少の水がたまってしまうので鉢底石が必要ですね。
もともと地面に植わっていた時には停滞水などは無いものなのでしょうし。

レキコウ栽培という言葉は初めてみました。
インターネットで検索はしてみましたが、どうも内容が不十分な感じでハッキリしないので図書館で調べてみます。
どうもありがとうございました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。