ふぁるおBLOG

ただ、大好きなモノとかを記録しているだけ。

REDWING 8179 (’96)

2017年07月09日 | □REDWING RW8179(’96)
カミさんと『またなぁ♪』して寂しく帰京しましたら届いていました今季・夏季賞与で購入しましたレッドウイングのRW8179、96年製・刺繍羽タグ・茶ウェルトです♪

RW8179の仕様の変化は、[プリント羽タグ・茶ウェルト]⇒[刺繍羽タグ・茶ウェルト]⇒[刺繍羽タグ・黒ウェルト]⇒[四角犬タグ・黒ウェルト]となっていると記憶しています。これはこの流れの2期に該当するモデルだと思います。


RW8179は日米開発商品で、当初は“アイリッシュセッター”の枠外企画のモデルでしたが、90年代中後期に日本で爆発的なヒット商品となり、四角犬タグモデルくらいから正式に“アイリッシュセッター枠”となり、より普及を目的としたデザインとするため、ウェルトを黒の仕様とし、スタイリッシュな一足へと進化していったと…T先輩がたまに熱くほざきます♪雑誌でたまに書いてあるウンチクなので聞き流してますけど♪(-_-;)

ただ、ココでRW好きの方ならば、「ではなぜ復刻モデルのRW9874は四角犬タグ・茶芯なの??」と思われるかもしれませんが、ワタクシ的にはRW9874はレクタングル・バータック・ステッチなどの仕様も含め、かつてのRWの仕様を一部用いた“現行品”であると認識しております♪クローンダイクという皮革も新しく開発された皮革ですし♪このクローンダイクにおいても当初と今の今では皮質も違ってきているみたい・柔らかくなったみたいです♪とにかくアメリカものなんてのは日本人が拘る統一性などないようなもんですから、あんま気にせんことっすね♪

一応、持ってる黒セッターのRW8130と比較してみました♪


いずれもカッコイイことに変わりはないとワタクシは思います♪

90年代に己が憧れた“黒セッター”の“まさにコレ!”な仕様をゲトできて幸いです♪RW877(93)に次ぐお気に入りになりそうです♪
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 前の記事へ | トップ | TCBjeans 50’s 37日目 »