愛犬ラッフル

小型ミックス犬、ラッフルと過ごした思い出の日々を風景写真とともに・・・!

韓流ドラマ 反日政権下、ドラマの中では、日本料理が多く出ている。

2017年11月30日 | 韓流ドラマ
韓国の現大統領は、筋金入りの反日で親北朝鮮と言われている。


しかし、韓流現ドラを見ていると、高級レストランでの金持ちの食事は、日本料理であることが多い。

反日政策をとっていた歴代大統領の下で、日本料理を高級料理としてドラマに出すことに圧力は、

かからないのだろうか?


反日は、政権とメディアと一部の反日市民団体だけなのだろうか、一般市民はどうなのだろうか。


日本人の観光客が激減しており、平昌オリンピックにも多くの観光客が来るかどうか、

心配している時に、反日政策をとっていては、

日韓の友好は、望めない。


反日政策を取りながら、日本からは多くの観光客を期待するとは、矛盾している。

一体韓国の人たちは、どのように考えているのだろうか。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1歳半の孫が、浦和レッズのサポーターになる。

2017年11月30日 | サッカー
1ヶ月ほど前に、孫を埼スタに連れてゆきサッカーの応援をした。


まだ幼児なので退屈してスタジアムのコンコースで遊びの相手となることを覚悟した。

しかし、驚いたことに、最後までサッカーの試合を見ていた。


その後、浦和レッズの試合のテレビがかかると、応援歌に合わせて体を動かして

反応するようになった。


自分でボールを蹴ったりして、サッカーの真似事をしている。


まだおしゃべりはできないが、周りで行っていることはほとんど理解している。

1歳半になったが、れっきとした浦和レッズのサポーターの仲間入りだ。

小さなサポーターがひとり増えた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サッカーは、気持ちの持ち方、心の強さが勝負に影響する。

2017年11月27日 | サッカー
サッカーは、メンタルの強さが大きく影響する。


実力が伯仲している試合は、選手たちが一丸となり心を強く持って戦っているチームが勝利する。

メンタルが強ければ、冷静さを保ち的確な判断ができ、最後まで力を発揮できる。


残念ながら、レッズのライバルである大宮アルディージャのJ2降格が決まった。


良きライバルとして、さいたまダービーを戦ったが、来年は見ることができない。

昔、大宮アルディージャがJ2の時、よく大宮サッカー競技場に応援に行ったものだ。


アルディージャがレッズと対戦するときは、異常なほどライバル心を燃やして戦っていた。

レッズと戦うときのような闘争心で1年戦ったならば、J2降格などあり得ないのだが、

サッカーとは面白いもので、

心の持ち方で、勝負が決まることがある。


だから何が起こるかわからないのが、サッカーである。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

浦和レッズ ACL感激の優勝、テレビに出れるかな?

2017年11月27日 | サッカー
浦和レッズは、ACL第二戦サウジアラビアのアルヒラルに1-0で勝利し、文句なしの優勝を果たした。


スポーツカフェのサポーターは、スタジアムと一体となり応援した。

勝利が決まった瞬間は、歓喜の喜びであった。


カフェでは、振る舞い酒で乾杯し、店はビール一杯100円セールとなった。


そんな歓喜の中、息子家族がテレビインタビューを受けていた。


内容が良かったら、テレビ放映されるかもしれないので、楽しみである。


その夜は、録画していた試合を見ながらまた楽しんだ。

勝利した試合は、何度録画を見ても楽しいものである。


サッカーに興味がない人から見たら、バカみたいに思われるかもしれないが、

本当にバカみたいに楽しいものです。


翌朝は、スポーツ紙を買い込んで、また楽しんだ。

ほんと、バカみたいだ。

こんなジジイがいてもいいのではないか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お年寄りの危険な運転、事故は増えるだろう。

2017年11月27日 | 日記
お年寄りの危険な運転を目撃した。


駅の近くの交差点で信号待ちをしていた。前には、車が一台、私の車はその後ろで止まっていた。


その時、交差点の中で車が停車し、おばあさんがよろけながら出てきた。

他の車は、その停車している車を避けながら通り過ぎていた。


おばあちゃんが降りた車は、何もなく通り過ぎようとしていたが、

その車を見て驚いた。


運転していた人は、80代と思しきおじいさんであったが、

それ以上に驚いたことは、


車の下方の四隅にある車幅灯部がぶつかっているらしく、破損しており、

さらには車の側面は、凹みや擦り傷だらけで、

まるで廃車されてもいいくらいの破損だらけの車であった。


あちこちぶつけながら走っているのだろうが、人身事故だけは避けてほしいものだ。


信号が青になったので、発信しようとレバーをドライブにして前の車が動き出すのを待っていたら、

前の車が急停車した。

赤信号を無視した車が、すり抜けて言ったが、運転していた車は、助手席におばあさんを載せていた

おじいさんであっった。


私もジジイではあるが、危険な運転をするようになったら、

年寄りは、運転免許証を返還すべきである。

ジジイは、ますます頑固になるので、自分は運転が上手いと勘違いし、なかなか返還しないようだが。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加