愛犬ラッフル

小型ミックス犬、ラッフルと過ごした思い出の日々を風景写真とともに・・・!

韓流ドラマ ドラマでは、必ずにっくき敵がいるが、現実でも敵を作っている。

2017年09月27日 | Weblog
韓流ドラマでは、必ずにっくき敵がおり、恨みを晴らす復讐劇が多い。


現実でも、韓国は政治的には、慰安婦・徴用工問題等々反日政策がある。


多くの国民は、友好的であると思うのだが、一部の反日の激しさに抑えられて親日的な行動は、

できないのではないだろうか。


韓国からの訪日観光客の多さと増加傾向からも伺える。


政治家は、反日政策が、体制を維持できる、と考えているようだが、

敵を作ることで、韓国国民の情緒に訴えている。


北も、同様にアメリカという敵を作って体制維持を図っている。


敵を作ることで、自己満足することは、間違っている考えではないか、と思うのだが、

敵を作ることは、自分たちも、相手から敵と思われることであることを理解してほしい。


ドラマも現実も、それぞれ敵を作っているが、敵を作ることは何の利益にならないし、

発展も友好も未来も生まれない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

普通のジジイの人生 子供の時の冬の遊び-2。

2017年09月12日 | Weblog
子供の頃の昭和20年代は、冬は雪が深く家の一階は雪に覆われて見えなくなるために

外から家に入るときは、雪の階段を作って出入りしていた。


屋根に積もった雪を一冬に何回も雪下ろしをするために、二階の屋根まで雪が続き、

二階の屋根から道路まで雪の滑り台ができ、家の二階の屋根からスキーで道路まで滑り降りて

遊んだものであった。


今のように、雪が積もれば雪かき車で道路の雪を取り除くこともしなかったので、車は道路を走れずに

馬車そりが、運送手段であった。


学校にゆくときは、雪をかき分けて通学し、雪が固まって硬くなったときは、田んぼや野原の雪の上を道のように

歩いてショートカットで通学したものである。


学校に行っても、雪が深く天気の良い日は、授業をほったらかして先生が率先して、学校の裏山に

滑り遊びに行ったものだ。

当時の先生は、おおらかなものであったが、そのために学習が遅れて学校全体の生徒の成績が、

悪かったわけではなかった。


その後、都会の有名大学に合格した友達も少なくはなかったので、

当時としては、田舎の学校ではあったが、遊びと勉強のバランスが取れていたのだろう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

孫がサッカー上手くなっていた。

2016年12月07日 | Weblog
小5の孫のサッカーの試合を久しぶりに見学した。

半年ぶりに見た孫のサッカーは、あまりに上達していたので、

びっくりした。

子供の成長・上達には驚かされることが、多い。

教育によって子供はいくらでも育ってゆく。

子供の可能性は、無限だ。

子供は育つ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

U-23サッカー 今夜、決勝の韓国戦 頑張れ!

2016年01月30日 | Weblog
リオ五輪アジア予選、今夜決勝の韓国戦!

手倉森監督の手腕か、この年代は何かと言われて、勝てなかったが、

U-23アジア予選で準決勝まで全勝し、残すは決勝、今夜30日の韓国戦のみ。

韓国には、是非とも勝ってほしい。


私は、サッカーが強くなるために、日韓の定期戦を望んでいたが、

韓国は、政治を持ち出したり、民族主義を持ち出したりして

スポーツマンシップもないような試合が多かった。


定期戦がなくなって当たり前であるが、サッカーファンとして

両国は切磋琢磨して強くなってほしいものだ。


韓国国民の狭い了見が阻害している。

慰安婦問題もそうだが、未来志向であってほしいし、

せめてサッカーだけでも、韓国には友好的に戦うことを願う。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

韓流ドラマ 刑事の服装は定番です。

2015年12月27日 | Weblog
刑事の服装は常にジャンパー姿である。

韓国では、刑事といえばジャンパー姿なのであろうが、

日本のドラマでは、かっこよくスーツ姿が多いと思われる。

日韓では、刑事のステータスが違うのだろうか?


刑事も警察官も、韓流ドラマでは、単独で行動している。

女性警察官も単独で行動しているので、危険ではないかと心配になる。

日本の刑事や警察官は、ドラマしか知らないが、普通二人で組んでいるか数人で行動している。


こんなところからも、日韓の違いがうかがえる。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加