愛犬ラッフル

小型ミックス犬、ラッフルと過ごした思い出の日々を風景写真とともに・・・!

運動は、身体を引き締めて健康を保つことを、幼児から学ぶ。

2017年08月10日 | 子供
孫は、1歳2ヶ月である。


孫が、歩き始めてから、1ヶ月ちょっと過ぎた。


歩き始める前の体型は、二重アゴでぽっちゃりと太っており、お腹はたいこ腹、

太ももは太くて、ふくらはぎも太かった。

いわゆる丸々と太っており、将来は、相撲取りだな、と言われていた。


歩き出したら、体型が変わってきた。

ともかく歩くのが楽しいのだろう、常に歩き回り全身汗だらけになりながら、

起きている時は、歩き回っている。


現在は、あれだけ丸々と太っていた体が、引き締まり、二重アゴは消えて、

たいこ腹も凹み、太ももは筋肉質となり細くなった。


あの小さな足で身体を支えて歩くということは、全身の運動になるのだろう。


年寄りにも言えることである、歩くことは全身の運動になる、と。


健康とぜい肉を付けないためにも「歩け、歩け」が一番良いことを、幼児から学んだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

孫1歳1ヶ月 少し歩くが、怒った時がすごい。

2017年07月03日 | 子供
時々、気が向いた時に少し歩くこの頃である。


慎重な性格のせいか、無茶して歩いて転んだりはしない。

慎重に歩いては、手をつき、また歩いては手をついたり壁に手をかけて歩いている。


まだおしゃべりはできない。

しかし、一度怒り出すと、

目をかー、と見開いて睨みつけて、

何かを言いながら怒っている。


何を言っているのかはわからないが、

ワーワー何かを言って、怒っている。


まるで、「僕が言っているのが、わからないの!そんなことしないでよ!僕はこうしたいんだよ!

うんもーダメなんだから、、、」とかなんとか言っているように、しゃべっている。


そのうちに、機関銃のように喋り出すかもしれない。

赤ちゃんの成長は早い。

驚くほど早い。

1年ちょっと前に生まれたばかりなのに。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

孫娘は、鋭い。法学を勉強した、と言ったら。

2017年07月02日 | 子供
小3の孫娘に聞かれた。


じいじは、大学で何を勉強したの?と。


私は、答えた。


「法学を勉強した」と。


孫娘、「ホウガク?』と首を傾げてから、

また聞いてきた。


「じいじは、”東西南北”について勉強したの?」と。


「ホウガク」を「方角」と解釈したのだ。


子供の頭は、柔らかく感心させられた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

子供は、よく 人や物を見ている。

2017年06月06日 | 子供
私の孫娘は、小三である。


色々なものを注意深く観察している。


周りの大人たちが、テレビ番組の「小さい巨人」について話をしていた。

それを聞いていた孫娘が、「小さい巨人って、小さいの?大きいの?どっちなの?」と。

大人が何気なく話をしているを、子供にとっては、理解できないことがある。


妻の病院に見舞いに行った時、入院患者さんたちが、共用している冷蔵庫があった。

その冷蔵庫を見て不思議に思ったらしい。


今自分の家にある冷蔵庫は、冷凍庫が下段にあるが、

病院にあった冷蔵庫は、冷凍庫が上段にあり二段式であった。


この冷蔵庫は、古いもので二段式で上段が冷凍庫で冷蔵が下段にあるタイプであった。


なぜ、冷凍庫が上段にあることが、不思議であったらしい。


柔らかい頭では、色々なことに興味を示し、学んで成長する。

歳をとると固定観念にとらわれて、何事にも新鮮な知識欲は無くなってしまう。

子供は、無限の可能性がある。

経験することを砂が水を吸い込むように脳に吸収されてゆく。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

賢い赤ちゃん、おしゃぶりをポイ!

2017年05月27日 | 子供
1才を過ぎてもおしゃぶりを離せない赤ちゃんも多い。


1才になる孫は、一時、泣いたりした時に、おしゃぶりを与えたれて泣き止むことがあった。

何回かそのような状態が続いた。

その後しばらくして、そのおしゃぶりが、ごまかしてあることに気づいたのだろう、

おしゃぶりを口に入れられた後に、

自分でそのおしゃぶりを手で口から取り出して、

しばらくそれを観察してから、

ポイッと捨てた。


そん後は、与えられても、すぐにポイッと捨ててしまい、口に入れておくとは、しなかった。


赤ちゃんでも、それが本物かどうかを、理解するものだ。


大人たちが、自分たちの考えで、判断してはならない。


赤ちゃんも一人の人間である。

その意思は、尊重しなければならない。

ただ話せないだけで、周りを冷静に観察しているのだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加