孤影

そんなことばかりではないけれど痛く身に沁みる時がある

猫と生きる

2017-08-13 14:44:56 | 暮らし



朝も 夜も 



寒くなってきた 北国




一歳になった たかちゃんの




いろいろ 衣替え とはならないけども。。。





トイレが小さくなったので 通販で購入




失敗


ライオンが 用をたすのか 


戸惑う たかちゃん 汗


処理するのに 重くて傾けるのもできない母娘


だから 以前に戻したって 寸法ですじゃ  涙



この 失敗したデカトイレを キレイに洗浄し




ほら  ベッドだよ  いいねえ





じゃすとふいっと じゃないか パチパチパチ



本人 ご満悦でゴザイマス





一歳になった途端



私の この子への思いは  どかーんと膨らんだ




仔猫に あまり興味が わかない私は



ゼロ歳は、いつ 何が 起こる  かもしれない危険がいっぱい



ちょろちょろしてたら 踏んじゃうかもしれない 毎日の恐怖



例え身体が大きくなっても 油断ならない



頭の中は 子ども 赤ちゃん 



何より 経験不足状態



あっと思ったら 手遅れにならないとも限らない



仔猫 は 怖い



可愛いというのは、ぬいぐるみ的な感情だと思う





一歳とて変わらないんだけど



おお やっと「猫」になったか 的な思いで



「おねいちゃんタカちゃん♬」と呼ぶようになり



本人も 何か まんざらでもないかんじ



大きくなるにつれ



別れは、近くなる それはそれは辛い



だけど 歳がいくほど 動物は、全部 可愛くなっていく



これは 私の感覚だけど 愛おしい



心と心で 話すことができる






たかちゃんの おもちゃで 宝物


スーパーのレジ袋を 丸めたものが大好きで





これ以外にも まだいっぱい持ってるの



ちゃんと 丸め方の拘りや 好きな袋だって あるんですぜ、、



動物は、人間より ずっと繊細でコダワリを持つ 生き物なんだじょ



「ま、これでいいか」なんて思ってない



「これしか無いんだな仕方ない」と察してくれる



犬畜生だとか 馬鹿にしてる人間は



いつか 恐ろしい動物たちに 囲まれて



食べても 貰えないからな!


不味すぎてなっ!  と言っておこうか。。。






ケージの屋上は 秋仕様に なった








ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 沈む瀬あれば 浮かぶ瀬あり | トップ | 雪への手紙 »
最近の画像もっと見る