孤影

そんなことばかりではないけれど痛く身に沁みる時がある

いろいろ望む朝

2017-07-16 09:29:40 | 日記



すっかり 温まった部屋



眠れやしない



今朝は



曇ってる



29℃を指して    湿度が高いのは怖い 心臓や喘息や






隣の赤ちゃんが珍しく泣いて



お母さん 二子を抱えてるようだから 辛い時だね 本当辛いわ



若い お父さん お母さんが 普通に親をしてるのを見ると



偉いなぁ って思う



それに  この瞬間が この子の人生のちょっとした支えになってくのだろうって神妙な気持ちで見てしまう



どうってことない事が、大きなどうってこと在る事になってくんだよね



親だから 当たり前に子どもを可愛がる。。。なんてこと決まってないんだよね



それでいて



愛されず育った人間が 必ずしも 親になった時同じことをするか  ってことも決まってないんだよね



子育て本や 心理学本   かなり昔は、線で引かれたように書かれてた



「虐待された子は、虐待する」  乱暴な持論だ 



そして そんな 一足す一は二だ。 のようなことが事実なら 逆に、現社会の問題が解決できる方法が見つかるだろ って思うね










うちの末っ子



ご飯をいっぱい食べてくれるけど やっぱり少しずつマイッてる感じ



お水を多く入れて 焼きカツオとピュリナと混ぜ混ぜ 時々南瓜  これが今の末っ子ブーム



どう考えても うちじゃあ このアパートは生き物が生きていけないって判断しかない



寿命が短くなる そんな気がしてならない



わざわざ 短命になるところで暮らすなんて馬鹿げてる



人を介さず 自分が話して 自分を見てもらうしかないかって思ったんだけど


。。。


今の私は、すべて爆撃音で 攻撃音で 厳しい



人は 怖い



意図をもって傷つけてくるのが分かると 本当に怖い




なぜ一年以上SNSをやれたかって




それは やはり あの子の死の現実から逃避したかった  からだろう




動物に関したことを自分なりに夢中でやってたのも




今になると いろんな偉い先生たちに迷惑かけたかもなぁ




って思うところがある




拡散してればいいのかも知れないんだけど




ただ いつもガムシャラ





特別な鬱状態に入ってるわけではない




福祉の当事者になり書類を集めたり書いたり送ったりしてて




その中で  納得するのに困惑する現実を知るのも 決して疲れないと言えない






パソコンが、もう駄目そうだ 動いてくれないことが多くなった




TwitterもFacebookも興味が失くなってしまったから諦めはつくけど




Livlyで8年近く飼ってきた子がいて 仮想だろうと死なせたくないから娘に頼むしかない その娘のパソコンも怪しいんだなぁ




もう色々耐える力も希望も見失って、濡れたアンパンマンみたいになってる へにゃへにゃ~




外は リアル大雨になった




中々思いを断ち切れない自分




「春まで休学」の判断を言い渡したお父さんに感謝




どこかで考えが変わることもある 人脈が変われば流れも変わる




人は、そういうものだ  って思う














 














ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« どこに向かうのか | トップ | 「愛してる」 »
最近の画像もっと見る