〜”菜園 穏風”〜 無農薬・無化学肥料 & 不耕起栽培で野菜作りに挑戦!

うちの野菜は美味しいよ。
いつか、そう言いたい。
そんな夢を持った農家の日誌。

安全な野菜 安心できる野菜

2017年06月09日 14時04分55秒 | 穏風の農業
皆さんは、安全な野菜 安心できる野菜。
どの様な基準で考えていらっしゃいますか?

無農薬・無化学肥料・
有機野菜(有機栽培・オーガニック)など
こんなところでしょうか?

以前の私は、そうでした。

パッケージに無農薬や有機などの表示があったり、
有機野菜の売り場コーナーの商品は、
安全な野菜だと思ってました。

すると、それが安心になっちゃうんですよね。
あくまで個人的な見解ですが。

今は、無農薬・有機栽培(オーガニック)と
勝手に表示できなくなってます。

無農薬・有機栽培の
定義が曖昧だったので、はっきりさせよう。
だったと思います。

例えば、ある畑でトマトを育てます。
夏場で雑草対策、あるいは害虫対策で
農薬を使いました。

このトマトは、無農薬野菜ではありません。

しかし、その後、同じ畑で大根を育てました。
雑草も害虫も少なく
種まきから収穫まで農薬は一切使ってません。

すると、この大根は
無農薬野菜の表示が許されてました。

残留農薬、気になりませんか?
これで無農薬になるの?

曖昧ですよね。

そこで ”無農薬” の表示が禁止になったのです。
パッケージに直接表示するのが禁止で
本当であれば、宣伝するのは構いません。

一方、有機野菜は、
JAS法に基づき「有機JAS規格」の
検査認証を受けた農産物のみとなっており、
この様なシールが貼ることが許されております。

でも、有機野菜の定義も ?? なのです。

条件がいろいろある中で、
”天然物質に由来する農薬や肥料は使っても良い”
とあるのです。

調べてみると、その農薬は沢山ありました。

だったら、これらの農薬だけで
野菜を栽培すればいいのでは?

“これらの農薬=危険” ではないって事でしょ?

天然物質に由来する農薬が、どれだけ安全か?
あまり表に出てこないのは、なぜか?

私も含め、消費者が “農薬=危険” と決めつけたから?

私も、まだまだ勉強不足。
もっと時間をかけて調べる必要がありますね。

でも、有機JASにはこんな記述も、

”病害虫を防除するのに農薬に頼らないこと”
と、ありながら使用可能な殺虫剤ありました。

えっ?

私も、よく知る農薬の名前。
思い出すと・・・全身がかゆい。

ただし、はっきりとあの農薬で体調が悪くなったと
証明できるわけでは、ありません。

念のために。

私の予定している農業では
使わないというより、使う必要がない。

”自然農・自然農法” などと言われる農法です。

しかも、それらの農法によって収穫された野菜は
とても風味があり美味しいというのです。

”安全な野菜”

これは当たり前ですが、
とても難しいことでもあります。

もっともっと勉強して、
”安全で風味がある美味しい野菜”
を作れる様に努力しなければなりません。

先輩たちの様に!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ニラは熊もタヌキも食わねえ! | トップ | 穏風って何? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

穏風の農業」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL