〜”菜園 穏風”〜 無農薬・無化学肥料 & 不耕起栽培で野菜作りに挑戦!

うちの野菜は美味しいよ。
いつか、そう言いたい。
そんな夢を持った農家の日誌。

出た、出た出た〜!

2017年07月06日 15時12分20秒 | 穏風の畑
もう、タイトル通りです。
とうとう、緑肥の麦の芽が出ました。

種を撒いてから、まとまった雨のおかげです。
芽が出ないはずがない、と思ってはいましたが、
さすがに出てくると嬉しいですね。

自分の畑で、自分の農業で、初めて撒いた種です。
緑肥なので、一切の堆肥や肥料無しです。
土の被せる厚みや鎮圧の強さなど、
分からないままの全くの初めてです。


残念ながら、実践の場では、
ヒントになるような蒔き方や、
正しい蒔き方、苗の植え方は習ってません。

自分で調べて、やるしかありませんでした。
やはり、研修先はとても大事です。
慎重に調べる。正しいか?嘘はないか?人物は?

さあ、証拠の写真ですよ〜。
赤の線が畝と通路の境目。
赤の矢印が ”マルチ大麦てまいらず” の芽です。
ちなみに青は、復活してきた雑草です。

わかりづらいですが、
全体に雑草の芽がびっしりです。
雑草も待望の雨だったんでしょうね〜。

こちらは、少しだけ芽が出かかってるんですが、
わかりづらいですよね。

でも矢印の部分、ひび割れが入ってます。
タケノコ掘りでよく見るでしょう?

ここから芽が出てきます。
自然の強さ感じます。

鎮圧のために、かき板でバンバン上から叩いたり、
私自身が足で踏みつけたりしたんですよ!


さて、今日の作業は今までと同じです。

だんだんAの終わりが見え始めましたが、
一旦、取り除いておかなければならないそばの残骸と、
一緒に成長してた雑草を、
麦を蒔く通路からよける作業が増えてまいりました。
でも、あと少しです。


それから、こちらの対策もかなり必要なようですね〜。



もぐら君です。イッパイいるみたいです。

野菜には、もぐらはいたずらしません。
その穴をネズミが利用して、
根っこにいたずらするようなので対策が必要です。

あ、やっぱり雨が降ってきました。

午前中は、2回ほどパラパラときましたが、
ちょうどいい休憩になる程度でした。

でも昼食後、予報通りに強く降ってきました。
諦めて今日はこれで終わりにします。

ちょうど今の作業では、ボロボロの足袋では
厳しい内容なので、新品を2足買ってきました。

たった1年で3足ともボロボロ。
が空いてて、土が中に入ってきます。
靴下も足も土だらけです。

どんな使い方をすれば、たった1年でこんなに?
ご想像にお任せいたします。
写真は、ひどすぎるので新品だけです。


”くつたろう” 君です。
マジックテープでとても使いやすい。
履くのも、脱ぐのも早い、優れものです。
甲と足首の締め具合も自由です。

ボロボロになったのは、質のせいではありません。
彼をとんでもない環境で酷使したせいです。

大丈夫だよ。
”穏風の畑” では何年もず〜っと持つからね!


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今日は無理? | トップ | ズルムケりんちょ! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

穏風の畑」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL