あぜ道日記

田舎暮らしの中で、自然や季節の花々、時々お出かけを、写真で綴ります。

こんぴら・道後温泉の旅(♯10 坊ちゃん列車とからくり時計)

2017年07月12日 | 旅行記

内子の散策を終え、松山に戻り、松山駅から路面電車に乗り25分で道後温泉駅に着きました。
このハイカラな駅舎は、明治44年建築の旧駅舎を、明治洋風建築そのままの外観で復元したものです。









夏目漱石の小説「坊ちゃん」で、「マッチ箱のような汽車」と書かれた蒸気機関車を復元し、「坊ちゃん列車」と呼ばれ、今はディーゼルで走っています。
一日何往復かしていますが、運航時間以外はここでお休み。









運行時間になると方向転換してホームに入ってきました。









時間が合わず乗ることはできなくてお見送りです。









道後温泉駅前にある坊ちゃんからくり時計です。









1時間おきに音楽とともに坊ちゃんやマドンナなど、「坊ちゃん」に登場するキャラクターが次々とお目見えしました。









ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« こんぴら・道後温泉の旅(♯9... | トップ | こんぴら・道後温泉の旅(♯11... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL