あぜ道日記

田舎暮らしの中で、自然や季節の花々、時々お出かけを、写真で綴ります。

こんぴら・道後温泉の旅(♯12 道後温泉の夜景と朝風呂)

2017年07月14日 | 旅行記

道後温泉本館の営業は6時~23時。
夜になると明りが灯り、温泉情緒は最高です。
















高台から全体を見下ろしました。
てっぺんの振鷺閣の赤いギヤマンが目を引きます。









一夜明けて道後温泉本館の朝はまだ人が少ないです。









空いている朝に温泉に入ることにしました。
「神の湯 二階席 貸浴衣 お茶 せんべい付き 840円」です。








細い廊下を歩いて2階へ。









夏目漱石の「坊ちゃん」なくしては語れない道後温泉。
坊ちゃんがお湯の中を泳いでいるのをやめさせるために「坊ちゃん泳ぐべからず」と書いた木札が貼り出されていたというエピソード。
今でも神の湯男性の浴室にはこの札が貼られています。








ここが2階の休憩室です。
ここで係りの人が席を決めて貸浴衣を出してくれました。
お風呂は専用の階段で1階まで降ります。









お風呂から上がると、お茶とおせんべいの接待がありました。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« こんぴら・道後温泉の旅(♯11... | トップ | こんぴら・道後温泉の旅(♯13... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL