理科を知るブログ

楽しく理科を知るための材料や現象WEBページ

水とカミナリとは?

2017-06-28 16:21:38 | 日記
いらっしゃいませ! ご訪問ありがとうございます。

 前回、水の中を電気が通るというお話をしました。今回は、この電気がカミナリに
なるというお話です。
では、水とカミナリは関係があるのでしょうか? ありますよ!
 ここからは空の高いところの話になります。空には雲があり、時々、中に水からできた氷があります。
積乱雲では、激しく氷がぶつかり合っています。
 このぶつかりが電気を生み出す元です。やがてこの電気は地上と雲との間でたいへん
大きなプラスとマイナス電気になって、そうカミナリになるのです。
こわくて見たことがない人に、カミナリの小さなもの、放電を見てもらいます。



 圧電方式ライターの放電を示しています。これも、カチンと音がして、ぶつかり合うことで
電気が発生して放電が起きています。

 では、次に、自分で電気を見えるように発生させてみましょう。

 写真のように、500円硬貨の上に太い針ほどのストローから切り取ったものを水平に
なるように乗せます。ストローの小さな丸みが下に凸になるようにすると動きやい。
これらを薄いガラスコップの中にそっと入れます。



 そして、そばにえりに巻くマフラーでこすりつけたアクリル板を近づけてみます。ストローの針がなぜか動きます。



プラスとマイナスの電気で、引きつけ合ったり不思議ですね。息や風で針が安定するようにガラスコップを使っていますが、
無くても動きます。ただし、6月、湿度が高いと動きません。どうぞ、クーラーで湿度を下げたところを選んでください。



 やれやれ、アーレーもこれはたいへんむつかしいと言っています。
 子どもたちはライターを使ってはいけません。おとなの人に手伝ってもらいましょう!


 *** みなさんの中で、9才以下のかたがいましたら、コメントを待って
います。どこかにいるかな??? スマホやタブレット、持っているかな??? 

 では、次回、お目にかかりましょう。

2017年 6月  Faraday Science Laboratory 20
ジャンル:
科学
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 水と電気 | トップ | 海の水と土星 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。