家族が笑顔でいれるだけのモノがあれば良いです


明るく前向きで、習い事など新しい事にチャレンジするのが好きです

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

フランスで週末7日に行われる大統領選の決選投

2017-05-05 15:20:44 | 日記
4日 ロイター] - <為替> ユーロが対ドルで上昇し、約半年ぶりの高値をつけた。フランスで週末7日に行われる大統領選の決選投票で、中道系独立候補のマクロン前経済相が極右政党・国民戦線(FN)のルペン党首に勝利するとの見方が強まった。また欧州中央銀行(ECB)が来月の理事会で刺激策をめぐって一段とタカ派的な姿勢を示すのではないかとの観測もユーロの追い風になった。
ユーロ/ドルは一時1.0984ドルと2016年11月以来の高値に上昇。前日夜のテレビ討論会について、エラブが実施した世論調査では63%の人がマクロン氏の方が説得力があったと回答。ドイツ銀の通貨ストラテジスト、セバスティアン・ゲイリー氏は「マクロン氏の勝利はほぼ確実とみられている」と述べた。
<債券> 国債利回りが上昇した。強い労働指標を受けて、6月の米利上げ観測が一段と高まった。市場は5日公表される4月の米雇用統計に注目している。http://hfoaewrpo.blog.shinobi.jp/%E6%9C%AA%E9%81%B8%E6%8A%9E/hserfcbgsert
http://hfoaewrpo.inshokuten.club/e1134.html


米下院が医療保険制度改革(オバマケア)改廃法案を可決したことも債券相場の重しとなった。トランプ大統領が主要公約の実現で一歩前進したことで、財政刺激策などの成長押し上げ向けた政策を実行するとの思惑が広がった。
ノバスコシア銀行の米債券トレーディング部門責任者、チャールズ・コミスキー氏は「すべてが、米連邦準備理事会(FRB)は利上げを継続し、財政改革などで成長も加速するとのストーリーに当てはまる。そうなれば金利は上昇するしかない」と話す。
<株式> エネルギー株が売り込まれたものの堅調な企業業績が発表されたことで、ほぼ横ばいで取引を終えた。
米議会下院は午後、新たな医療保険制度改革(オバマケア)改廃法案を可決。リバティー・ビュー・キャピタル・マネジメントのプレジデント、リック・メックラー氏はhttp://hfoaewrpo.inshokuten.club/e1135.html
https://eventregist.com/p/hfoaewrpo
「トランプラリーに対する短期的なリスクは、法案が否決されることだった」と指摘。ただ「市場が医療保険制度改革にどの程度注目しているかは分からない」とし、「市場が実際に注目しているのは税制改革案で、医療保険制度改革が頓挫した場合、税制改革も頓挫するとの見方が出ていた」と述べた。
この日は、石油輸出国機構(OPEC)と非加盟の主要産油国が25日の会合で、6月に期限を迎える協調減産を延長することで合意する見通しとの関係筋の話が伝わったことで原油価格が約5%下落。エネルギー株が売られ、エクソンモービルは1.3%安、シェブロンは1.8%安。S&Pエネルギー株指数<.SPNY>は1.9%低下した。
<金先物> 米連邦準備制度理事会(FRB)による6月の利上げ観測の高まりなどを背景に続落した。6月物の清算値は前日比19.90ドル(1.59%)安の1オンス=1228.60ド ルと、中心限月の清算値ベースで3月16日以来約1カ月半ぶりの安値となった。
<米原油先物> 世界的な需給緩和懸念が広がったことから売り込まれ、大幅反落した。米国産標準油種WTIの6月物の清算値は前日比2.30ドル(4.81%)安の1バレル=45.52ドルと、中心限月ベースで昨年11月29日(45.23ドル)以来約5カ月ぶりの安値を付けた。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 米商務省が4日発表した3月... | トップ | 新入社員にとって初めての大... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。