家族が笑顔でいれるだけのモノがあれば良いです


明るく前向きで、習い事など新しい事にチャレンジするのが好きです

サロブレーニャ、スペイン南部アンダルシアのグラナダからバスでたった1時

2017-03-20 17:46:01 | 日記
サロブレーニャ、スペイン南部アンダルシアのグラナダからバスでたった1時間の海辺の白い村。お手ごろな距離のため、夏場は日光浴に訪れる人で溢れかえります。
旧市街地の高台にあるお城が遠くからでも人目を引き、穏やかな気候のため年中散策が楽しめます。
スペイン・グラナダ近郊、穴場の白い村サロブレーニャを楽しもう!!
写真:みな きむ

グラナダ市からバスで約1時間の海辺の町・サロブレーニャ。遠くにサロブレーニャの町の高台にあるお城が見え始めると、間もなく到着です。町の歴史は古く、サロブレーニャ城は「アルハンブラ物語」の中にも登場します。
夏場は多くの日光浴客が訪れるリゾート地ですが、その他の季節も比較的温暖な気候で、海辺の散策やアンダルシア地方独特の「白い村」の風景が楽しめます。グラナダからたった1時間で比較的バスの本数もあるので、ぜひ気軽に訪れてみてほしい「白い村」の一つです。
写真:みな きむ
http://fahoeruoaroiu.asks.jp/377.html
http://minkabu.jp/blog/show/806019

サロブレーニャでのおススメは大きく分けて2つ。海辺と、「白い村」の高台に聳え立つお城です。海辺に行くには、バス停から来た道と反対側に15分ほど歩きます。道中椰子の木や、トロピカルな花が咲いている道をまっすぐ進みましょう。突き当りが長い海岸線になっています。
夏場なら、ペニョンと呼ばれる海に張り出した大きな岩山(写真)の左右が日光浴スポットに。ペニョンには同名のレストランがあり、レストランも内部とテラス席に分かれます。レストラン前ではボートの中に灰を入れ、鰯や蛸を炭火で焼いていて、とてもおいしそう。お昼時なら試してみては?
この大きな岩山ペニョンは登ることができます。夏場であれば、地元の子供たちが肝試しのように高台から海に飛び込むのが見られますし、春先なら黄色や紫色の花が草の緑の中にいっぱいで、おとぎ話のように可愛らしい風景です。
サロブレーニャの「白い村」とその頂上、サロブレーニャ城を訪ねよう!
写真:みな きむ
http://cogoole.jp/searches/blog_detail/627/43573
http://cogoole.jp/searches/blog_detail/627/43572

海を堪能した後は、来た道を少し戻り「白い村」部分に入ってみましょう。坂道をだらだら上がっていくと眼下には建物、畑、海などが見えてきます。
サロブレーニャの「白い村」旧市街地にはサロブレーニャ城のほかに、ムデハル様式のロサリオ教会、アルバイシン地区の白いアーチ状のトンネルになった小道、お城の外壁をグルっと囲む花の小道、ブロカル地区などがあります。
アルバイシン地区はグラナダ市のものが世界遺産にもなっていて有名ですが、ここサロブレーニャにもあるのです。どこに迷い込んでも可愛らしい、ちょっと立ち止まって眺めたり写真を撮ったりしたくなるような場所がそこここにある、楽しい散歩ができるでしょう。坂を登るのに疲れたら、ロサリオ教会横にある展望台からベンチに座って、眼下をのんびり眺めながらちょっと一休みするのもいいですね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 千葉の春を代表する絶景!いす... | トップ | 武断政治から文治政治への過... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。