家族が笑顔でいれるだけのモノがあれば良いです


明るく前向きで、習い事など新しい事にチャレンジするのが好きです

食通をうならせる名店がひしめく大阪・北新地。高級店が多いイメージだが

2017-04-20 17:36:27 | 日記
食通をうならせる名店がひしめく大阪・北新地。高級店が多いイメージだが、リーズナブルながらもこだわり満載の料理を味わえる店も近年増えている。そこで、編集部が超厳選した北新地の人気グルメを紹介!

■ 酒麹 びしを

「酒麹 びしを」は、玄米や麦などさまざまな素材を発酵させ手作りする調味料「醤(ひしお)」を用いた、旬の味覚が評判だ。岩塩に乾燥麹を忍ばせた特製塩とスダチで味わうお造りや、麹に漬け、味噌で甘味を引き出す西京焼きなど、地酒に合う発酵料理が充実。
http://www.freeml.com/bl/15546795/336666/
http://www.freeml.com/bl/15546795/336665/

「サワラの西京味噌焼き」(980円)、「万願寺とうがらしの炭火焼」(手前皿・700円)など。西京味噌焼きは、自家製塩麹に1日、西京味噌に2日漬け込んだものを炭火で炙る。「麹で発酵させるものなので、日本酒とご一緒に。大阪・能勢の「秋鹿」をはじめ、全国の銘酒をそろえています」と、店主の西江浩司さん。

店主お手製の発酵調味料“醤” (ひしお)で素材の味を引き出す和食料理店。「大根と鯛カマの焼き浸し」(980円)。

■酒麹 びしを<住所:大阪市北区曽根崎新地1-5-14 みもざ館1F 電話:06-6343-3222 時間:18:00~翌2:00(LO1:30)、土日16:00~23:00(LO22:30) 休み:不定休 席数:16席(禁煙) 交通:JR北新地駅より徒歩1分>

■ ヒルマンレストラン 梅田店

2014年秋に裏なんばへの日本初出店で話題となった、シンガポールの老舗「ヒルマンレストラン」の国内2号店。フランスの有名シェフをうならせた「ペーパーチキン」を看板に、多彩なシンガポール料理を味わえる。

ペーパーチキン(3ピース・580円~)。秘伝のタレに漬け込んだ鶏肉を特製紙で包んでフライ。中には肉汁が!

店内はモダンで落ち着いた雰囲気。大人数もOK。

■ヒルマンレストラン 梅田店<住所:大阪市北区曽根崎新地1-7-30 電話:06-6346-5511 時間:11:30~15:00(LO14:00)、17:00~24:00(LO23:00) 休み:なし 席数:100席(分煙) 交通:北新地駅より徒歩3分>

■ 十三トリス北新地

「十三トリス北新地」は、1956(昭和31)年創業、トリスのハイボール(税抜540円)が飲めるバー。十三「しょんべん横丁」で営業していたが火災で焼失。常連の要望に応えて北新地に出店した。食堂バーと称されるほど豊富な料理も魅力。

店内は、十三時代の内装をできる限り再現。
http://kjbyby.net/show/7bt6gzl
http://kjbyby.net/show/xftehp6

「いか焼き」(手前・税抜800円)は、卵焼きにイカが入った名物。「自家製コンビーフ」(奥・税抜700円)。

■十三トリス北新地<住所:大阪市北区曽根崎新地1-3-30 KOHDAビル1F 電話:06-6147-2613 時間:17:30~翌2:00、土~24:00 休み:なし 席数:20席(喫煙可) 交通:JR北新地駅より徒歩3分>

■ ジビエ肉&ワイン酒場ALLAサルーテ

「ジビエ肉&ワイン酒場ALLAサルーテ」は、脂肪が少なく栄養豊富でヘルシーな、シカやイノシシなどのジビエ肉を生かしたメニューがそろう。そのほか、契約農家直送の野菜にたっぷりのチーズをかける「丹波野菜のラクレットチーズ」(2138円)など、ヘルシーな料理が自慢。

イチオシの「丹波篠山ジビエのロースト3種盛り」(2031円)。高タンパク・低脂肪の美容肉を、食べ比べて楽しめる盛り合わせで味わって。

カウンターにしつらえられた飾り棚が、ホテルのバーのような雰囲気。

■ジビエ肉&ワイン酒場ALLAサルーテ<住所:大阪市北区曽根崎新地1-6-27 ニュー八千代会館1F 電話:06-6343-1112 時間:17:00~翌2:00(LO1:30)、日祝~23:30(LO23:00) 休み:なし 席数:54席(喫煙可) 交通:JR北新地駅より徒歩3分>

■ チャイニーズ 響香
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  ドナルドダックとデイジーダ... | トップ |  撮った人のセンスを感じる、... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。