家族が笑顔でいれるだけのモノがあれば良いです


明るく前向きで、習い事など新しい事にチャレンジするのが好きです

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

FIFAワールドカップ・アジア最終予選のUAE戦(3月23日)

2017-03-15 17:28:09 | 日記
FIFAワールドカップ・アジア最終予選のUAE戦(3月23日)、タイ戦(同28日)に向けての日本代表選手発表が3月16日の木曜日におこなわれる。最終予選の初戦で対戦し、ホームの埼玉で一敗地にまみれたUAEとのアウェーゲームは、サウジアラビア、日本、オーストラリア、UAEの4チームが勝ち点1差でひしめき合う中で、日本にとって運命をかけた試合である。
この予選の行方を直接左右する試合に向けて、ヴァイッド・ハリルホジッチ日本代表監督は、選手たちをどう評価し、どんな基準から選ぼうとしているのか。
本人から直接聞き得た最新の言葉から、その方向性を探ってみたい。
選手のレベルは、5つの色で分類しているという。
http://fahoeroerw.asks.jp/472.html
https://atnd.org/events/86619

「代表候補リストには51人のフィールドプレイヤーと5人のゴールキーパーがいる」とハリルホジッチはいう。
その全員について、Jリーグ所属選手は監督やスタッフがスタジアムに出向き、海外組はテレビで試合をチェックしているという。ときには現地にもスタッフを派遣することもある。そして、それぞれの選手に点数をつけ、上から青、緑、黄、オレンジ、赤の順で5段階に色分けしている。
「選手に言っているのは、監督やスタッフが試合を見ているのだから、違いを見せつけろ、ということだ。まずプレーのクオリティに関して。それから行動に関しても。代表選手である限り、何をしてもいいものではない。模範でなければならない」
採点の基準は、ハリルホジッチが、まずスタッフにプレーの見るべき点を伝える。例えば守備では「どれだけプレスをかけているか」がポイントとなる。日本の問題のひとつが、プレスの欠如であると彼はいう。
「プレスをかけ続けることができず、相手に寄せきれないし、予測して相手のスペースを消すことができない。特にペナルティエリア内でのマークの甘さは致命的になる」
横にパスを出す選手を、彼は選ばない。
http://minkabu.jp/blog/show/805460
http://minkabu.jp/blog/show/805461

攻撃では、できるだけ速く前に進む。
横パスの相手を探すのではなく、スピーディに縦に楔を入れる。あるいは裏を狙う。
さらには、前線でアグレッシブに仕掛けているかどうか。
「それが私の描いた日本サッカーのアイデンティティだ。選手たちがパフォーマンスでそれを見せているかどうかを、私たちは観察している。試合の翌日には、コーチングスタッフでミーティングを開きすべてを報告し合う。その結果として色分けした点数をつけている」
問題は、選手のパフォーマンスが思うように上がっていないことだ。
話を聞いた前の節の試合では、海外組、国内組の51人のフィールドプレイヤーのうち、最高点の青を獲得したのはただひとりにすぎなかった(その選手が誰なのか、現状では教えてくれなかった)。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  名古屋市中村区のストリング... | トップ |  アキレスは、「履きやすく歩... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。