光田の日々一言

ファンシアーズサイト 店長の光田の思ったこと、感じたことを日々綴っていきます。

ニジイロの累代と血統

2016-10-16 08:01:10 | ショップ関連
ニジイロの累代と血統について質問があるためブログでも記述しておきます。

累代は飼育品=CBになります。
ニジイロは数ペアから繁殖した個体で全血統が混ざり合っています。
また、現在血統は管理していない事も有り、全て同系統となります。
赤系 優赤 極赤 緑系 優緑 極緑 特選緑 紫紺 全てが上記数ペアから派生した色です。


当店で最初に飼育したニジイロも飼育個体です。
ニジイロを含むオーストラリアに生息する昆虫類は厳しく持ち出しを制限されています。
イギリス統治下にあった国や植民地であった国は特に種の多様性を重視しています。

日本国内のニジイロはもしかしたらオーストラリアに生息する数を超えているかもしれません。
昆虫輸出を国の産業と位置付けていたインドネシアと違い、許可がまず出ない国からワイルド個体が入るとは考え難く、背景を考慮した上での累代は不明=飼育品=CBとなります。
血統も 管理外=無し になります。

ちなみにインドネシアも近年動植物の保護活動が活発化しています。
インドネシアの許可証は空港近くの施設で作成できます。
しかし、空港職員の汚職により正規の手続きを踏んでも賄賂を要求されます。
虫取りの楽しい思い出も最後に最悪な気分になるためお勧めしません。
話がそれましたが、正規許可が出る国ですら持ち出しは苦労します。
厳しく取り締まっているオーストラリアからの持ち出しはより難しいと言う事です。

以上から
そう言った入荷が極めて困難な種がかなりの数に増えている事を考えると累代と血統は

累代:不明=飼育品=CB
血統:管理外=無し

が妥当と考えた上での表記になります。
本文を基に他の販売者へ質問や意見する際の論拠とする事を厳にお断りします。
記事の内容は当店で飼育販売しているニジイロにのみ該当します。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 標本作成 | トップ | 紫紺は緑系からしか羽化して... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む