ファミリー メンタル クリニック

児童精神医学,サッカー,時にテレビや映画、Macのネタ。
要するにひとりごと・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

フジテレビは報道番組以外で政治的な見解を述べているのだ!

2007年04月14日 | Weblog
フジテレビ社長に代わり、誤解されている方へ説明申し上げます。
まず当社は国会・政府自民党の下部組織であり、当然ながら政府のコメントが全て正しいと信念をもち報道番組を作成しております。
また、報道番組製作に携わる職員も政府を批判するような社員は、バラエティ番組や資料課に配属しております。
中には関西テレビに出向させようかと思う社員もおります。

ところで、朝の目玉番組 めざましテレビ 大塚が 国民投票法案を説明する際に、携帯電話のことや婚姻のことを解説している際に舌足らずで、もたついて額に汗までかいているように見えたことはあしからずご了承下さい。
決して、まじめな大塚アナの性格上、本人の信念や政治的信条ジャーナリズム精神を抑圧して放送していたからではありません。
勘違いなさらぬようお願いいたします。

また、音楽番組で出演されたドリームズカムトゥルー :ドリカム が911(Nine Eleven)の際 ニューヨークにいて衝撃をうけた。音楽の無くなったニューヨークが怖かった。そのとき流れた ジョン・レノン イマジンを聞いて感激したと述べた後。ドリカムとしての目標は 音楽がいつでも聞こえる国と言ってました。隣の人を愛すること。その隣人が戦争で亡くなることは哀しい。だから私たちは平和のために歌うんだ!
そんなことを言ってましたが、これは決して国民投票法案を意識しての発言ではありません。
また、ジョン・レノンの「全ての人々が平和に暮らしていることを想像してごらん・・・」という歌詞をイメージしてもらうためではありません。
単に911の時に流れた歌のことを言っただけですので、誤解なさらぬよう。
また、日本がアメリカ軍の下で戦場に出るからと言って、日本がテロの標的にあう危険性を表現したことでもありません。
たまたま ドリカムが911の時にニューヨークにいたという話です。

決してバラエティ部門から、政治的な発言をしているわけでもありませんし、アーティストの生き方を学んで欲しいというメッセージを音楽番組で発しているわけではありません。
あくまでも娯楽です。ナイナイが出る番組と同列にお考え下さい。

また時折ドラマ部門で政治的な背景を脚本の先生が書きますが、売れっ子の先生に反論することも出来ません。
決して当社の方針ではございません。
あくまでもドラマの背景としてお考え下さい。

フジテレビはあくまでも政府に忠実な独立した放送局であることを、再度重ねて表明いたします。

(中にはまじめな人もいるので、これはパロディであると断っておきますね。)
ジャンル:
ウェブログ
Comments (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 沖縄のマスコミも・・・ | TOP | 情報は天下の回りもの »
最近の画像もっと見る

2 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
「お貴族さま」枠 (kaetzchen)
2007-04-14 15:38:47
新聞記者が政治家になる時,裏側には社側の色々な考えがある.典型的なのが森氏と細川氏であろう.この2人に共通していたのは「偉いお武家様」のご出身であることだ.細川氏などは元華族様だからとんでもないお家柄である.

ところがこの2人,入社してから一応の研修は受けたものの,そのあとは政治部の閑職に配属され,毎日お茶かコーヒーを飲みながら各社の新聞を読み比べて帰るという重役並みの生活である.なぜなら,彼らには皇族を含める高貴な方々や外国からの貴賓客や,さらには各大企業のトップと会談をしたりするという「お貴族さま」独自の仕事が待っているからである.

ただ,この2人が違うのは,細川氏が暴力団とのつきあいを断って清廉潔白な政治を目指したのに,結果として破れて熊本のお城に引き篭ってしまったこと;そして森氏は暴力団との付き合いをさらに強めて,子分たちを首相にすることによって影の仕掛け人となったことである.何だか,子供向けの戦隊ヒーローの話みたいだなと思うのは私の錯覚だろうか.
組織 (具志川のなまけもの)
2007-04-15 06:56:09
正直・放送局の内部のことは、よくわかりませんが、フジテレビが、国会・政府自民党の組織であり、政府のコメントが、すべて正しと報道されてると、のべておりますが、私はすべての報道に対して正しとは、思ってはおりません・逆に政府自民党組織の圧力により、コントロールされた報道をされないかと・・・・・・(あくまでも、私個人の意見ですので)

Related Topics